MENU

ガーシー(東谷義和)の当選確率は?帰国して選挙活動するの?



芸能人の裏側を公表している暴露系ユーチューバーのガーシーさん(東谷義和)が5月25日に自身のYouTubeチャンネルの生配信で7月投開票予定の参議院選挙への出馬を表明しました。

配信後に自身のTwitterで出馬表明は冷やかしではなく本気の気持ちだと投稿していますが、ネット上では賛否あるようですね。

ガーシーさんはこれまで海外を転々とし潜伏しながらYouTubeを投稿していると言ってきましたが、出馬となると帰国して選挙活動をするのかも気になります。

ここではガーシー(東谷義和)さんの参院選の当選確率や世間の声、帰国するのかについて紹介します。

目次



ガーシー(東谷義和)は選挙で当選すると思う?世間の声は?

ガーシーさんが自身のYouTubeチャンネルの生配信で7月に投開票予定の参議院選挙への出馬表明をし驚きましたよね。

国会でも取り上げられ話題となり、ガーシさんは生配信終了後にTwitterを更新しました。

出馬表明は冷やかしではなく本気の気持ちで、絶対オレが日本のエンターテインメントを変えると意気込みを投稿。

「NHK党」の立花孝志さんは「私が選挙で当選した時よりも何倍もの影響力をもっている」と明かしていていました。

10万票を集める事が出来ればほぼ確実に当選するものだろうとも語っており、ガーシ―さんの当選確率は高い物だという考えを示しています。

ネット上では当選確率は90%や99%などかなり高確率で当選するのではないかと予想されているようですね。

ガーシさんが出馬する事に賛否意見が分かれました。

立候補すれば面白い話題性抜群

ガーシーさんが政治家になれば間違いなく若者が政治に興味もつよね!国会答弁とか見てみたい

日本の闇に光を与えましょう。風の時代、選挙はしゃべりとインパクト

政治の世界は芸能人の闇とは違う!とりあえずYouTubeで頑張って

国から集めた税金で自分のギャンブル借金の清算をしようとしないでほしい

ガーシの暴露ネタに興味はあるけどガーシ―自身に興味はない

ガーシさんが自身のTwitterで募集していた選挙への出馬可否をユーザーに尋ねたアンケート結果は16万5767票集まり、「あり」が40%「なし」が60%という結果になったそうです。

世間ではなし派の声が現段階では多いように感じましたが、これからどうなっていくのか気になっている方はとても多いのではないでしょうか。



ガーシー(東谷義和)はなぜ出馬することになった?経緯は?

ガーシ―さんは「NHK党」の立花さんから選挙出馬のオファーを受け参院選に出馬表明しました。

最初オファーを受けた時ガーシさんは、自分は選挙に立候補する気はさらさらなかったようで、「オレが選挙!?って無理やって」と思っていたそうなのです。

しかし何度もオファーを受けているうちに、今よりもっと影響力が欲しい事や借金完済の為に選挙に出たいと思っていると出馬前に話していました。

他にもガーシ―さんが選挙に当選すると日本に帰ってくることができて、逮捕されにくくなる可能性が高いと「NHK党」の立花さんが語っています。

ガーシさんは日本に帰って先ず母親に会って謝りたい、BTS詐欺被害者に直接会って謝罪したいと考えているようで日本に帰りたい気持ちもあり出馬したのではないでしょうか。



ガーシー(東谷義和)が帰国して選挙活動をするの?

ガーシ―さんは海外に住んでいるのですが、立花さんは中東で暮らしていたガーシ―さんの所まで出馬の直接交渉に行きました。

その際に選挙立候補に必要な戸籍謄本交付の委任を受け、代理人となった立花さんがこの時に取得したそうです。

立花さんはガーシ―さんが当選しても中東に移住したまま出馬し、当選しても日本に帰国する必要がないと説明していてガーシ―さんは海外在住のまま出馬する可能性が高いと思われます。

現在はネットでの選挙運動も解禁されているので、ガーシ―さんの海外からの発信は可能で、実際に過去にも海外から出馬した例もあるそうです。

ですのでガーシ―さんは選挙活動は日本では行わず海外からインターネット配信で選挙活動を行うのではないでしょうか。



ガーシー(東谷義和)の当選確率は?帰国して選挙活動するの?まとめ

芸能人の裏側を暴露し、注目を集めているガーシーさんが参院選に出馬表明しました。

選挙活動は日本に帰国せず、海外からインターネットで配信しながら選挙活動される可能性が高いと予想されています。

海外を転々としているガーシ―は日本が恋しくなっているようで、国会議員になれば日本に帰ってきても逮捕される可能性が少ないと言われているようです。

そんな理由からガーシ―さんの出馬に賛否意見が分かれていますが今後どうなって行くのか気になりますね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる