MENU

井上尚弥(いのうえなおや)の子供や嫁は?結婚時期や馴れ初めも!



先日のドネア戦で勝利した井上尚弥選手ですが、日本人初の三団体統一王者になり圧倒的な強さで大変話題になっていますね。

そんな井上選手は2015年に結婚しお子さんもいらっしゃいますが、最強の男と結婚した奥さまはどんな方なのか気になります。

奥様は一般女性のようなのですがお2人はどの様に出会ったのでしょうか。

ここでは井上尚弥選手の奥さんや結婚時期、馴れ初めについて紹介します。

目次



井上尚弥(いのうえなおや)の嫁は誰?結婚時期や馴れ初めは?

女性ファンも多くイケメンで負け知らずの井上さんは「日本ボクシング史上最高傑作」と言われている程の実力の持ち主ですが、そんな井上選手と結婚した女性はどんな方なのでしょうか。

井上選手は一般女性である咲弥(さや)さんと言う方と結婚されていて、2人は高校時代の同級生です。

高校入学した時に2人は違うクラスだったそうなのですが、友人に咲弥さんを紹介され交際がスタートしました。

お互い家も近く交際を続けているうちに家族ぐるみの交際に発展していき、高校1年生の時から約8年間の交際期間を経て22歳の時に結婚に至ったそうです。

SNS上には井上選手の結婚式の写真があり妻の咲弥さんが美しいと話題になったこともあるようで、女優の木村文乃さんに似ていると言われています。

井上選手は高校を卒業した時から結婚すると思っていたそうで、結婚し夫婦になり「負けられない気持ちもさらに増した」と明かした事があります。

咲弥さんは現在は努めていた仕事を辞め栄養バランスを考えた食事など井上さんのサポートに徹しているようです。



井上尚弥(いのうえなおや)の子供は何人で何才?

井上選手は咲弥生さんと結婚し、3人のお子さんに恵まれ幸せな家庭を築かれていて、子供が生まれたこともインスタグラムで報告されています。

2017年10月5日生まれ(4歳)2022年6月現在 長男 明波(あきは)君

井上選手は仕事で出産に立ち会う事は出来なかったそうですが、仕事が終わってからすぐ病院に駆け付けたそうです。

明波君は現在4歳になりしっかりとお父さんの背中を見て育っているのではないでしょうか。

その後2019年に第二子が誕生、長女の名前は公開されていませんが、出産には立ち会う事でき、感激したとインスタグラムで報告しています。

長女:2019年12月9日生まれ (2歳)2022年6月現在

2021年4月には第3子となる次女が誕生しました。

2021年4月14日生まれ(1歳)2022年6月現在 次女

次女出産の時はコロナ渦で出産に立ち会う事が出来ず不安だったそうですが、無事母子共に健康の報告を受けホットしたそうです。

井上選手のインスタグラムには沢山の子供達との写真も投稿されていて、とても子煩悩なお父さんのようですね。



井上尚弥(いのうえなおや)のデビューからこれまで!プロフィールも!

名前:井上 尚弥(いのうえ なおや)

生年月日:1993年4月10日生まれ(29歳)2022年6月現在

出身地:神奈川県 座間市

身長:165㎝

井上選手の父親がボクシングをしていて「僕も一緒にやりたい」と小学1年生の時に父親に言ったことからボクシング人生がスタートしました。

井上選手の父親は「井上ボクシングジム」を経営していたこともあり、井上選手がアマチュア時代は父親のジムで練習していたそうです。

現在は父親は井上選手の専属トレーナーとして大橋ジムに所属しています。

井上選手は中学生の頃にはすでにボクシングが強かったようで、3年生の時に行われた「第一回全国U-15大会」で優勝選手賞を受賞しました。

中学卒業後は地元神奈川の高校に通いながらボクシング部に所属し、なんと高校1年生で高校三冠を達成。

アマチュア時代には日本ボクシング史上は初めて高校生にして7つのタイトルを取得し、プロ転向後は国内最速記録の8戦目で2階級制覇しています。

また日本歴代最速となる16戦目での世界3階級制覇を達成している井上選手はどこまで勝ち進めていくのか楽しみですね。

井上選手にプロ成績は23戦23勝(20KO) プロ戦一覧

日付対戦相手・タイトル勝敗
2012年10月2日プロデビュー戦OPBF日が東洋太平洋ミニマム級7位
クリソン・オマヤオ(フィリピン)
4R 2:04 KO勝利
2013年1月5日タイ大国ライトフライ級王者
ガオプラチャン・チュワナタ(タイ)
1R 1:50 KO勝利
2013年4月16日日本ライトフライ級1位
佐野友樹(日本)
10R 1:09 TKO勝利
2013年8月25日日本ライトフライ級タイトルマッチ
王者:田口良一(日本)
10R 判定3-0勝利
2013年12月6日OPBF東洋泰平ライトフライ級 王座決定戦
2位へルソン・マンシオ(フィリピン)
5R 2:51 TKO勝利
2014年4月6日WBC世界ライフフライ級タイトルマッチ
王者:アドリアン・エルナンデス(メキシコ)
6R 2:54 TKO勝利
2014年9月5日WBC世界ライトフライ級王座防衛線1
13位サマートレック・ゴーキャットジム(タイ)
11R 1:08 TKO勝利
2014年12月30日WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
王者:オマール・ナルバエス(アルゼンチン)
2R 3:01 KO勝利
2015年12月29日WBO世界スーパーフライ級王座防衛戦1
1位ワーリト・パレナス(フィリピン)
2R 1:20 KO勝利
2016年5月8日WBO世界スーパーフライ級王座防衛戦2
1位デビッド・カルモナ(メキシコ)
12R 判定3-0勝利
2016年9月4日WBO世界スーパーフライ級王座防衛戦3
1位ペッバーンボーン・ゴーキャットジム(タイ)
10R 3:03 KO勝利
2016年12月30日WBO世界スーパーフライ級王座防衛戦4
10位河野公平(日本)
6R 1:01 TKO勝利
2017年5月21日WBO世界スーパーフライ級王座防衛戦5
2位リカルド・ロドリゲス(アメリカ)
3R 1:08 KO勝利
2017年9月9日WBO世界スーパーフライ級王座防衛戦6
7位アントニオ・ニエベス(アメリカ)
6R 終了 TKO勝利
2017年12月30日WBO世界スーパーフライ級王座防衛戦7
6位ヨアン・ボワイヨ(フランス)
3R 1:40 TKO勝利
2018年5月25日WBA世界バンタム級タイトルマッチ
王者:ジェイミー・マクドネル(イギリス)
1R 1:52 TKO勝利
2018年10月7日WBA世界バンタム級初防衛戦・WBSS一回戦
ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)
1R 1:10 KO勝利
2019年5月18日WBA世界バンタム級防衛戦2・WBSS準決勝
エマニュエル・ロドリゲス(プエルトリコ)
2R 1:19 KO勝利
2019年11月7日WBSS決勝戦
ノニト・ドネア
12R 判定3-0勝利
2020年11月1日ジェイソン・モロニ―(オーストラリア)7R TKO勝利
2021年6月20日IBF同1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)3R KO勝利
2021年12月14日IBF同級5位アラン・ディパエン(タイ)8回TKO勝利
2022年6月7日WBC同級王者ドネア(フィリピン)2R 1:24 TKO勝利


井上尚弥(いのうえなおや)の子供や嫁は?結婚時期や馴れ初めも!まとめ

世界で活躍する負け知らずの井上選手は高校の同級生と8年間のお付き合いを経て22歳に結婚し、3人の子供に恵まれています。

守べき存在に、さらに負けられない気持ちが強くなった井上選手は精神的にも肉体的にを進化し続けどこまで勝ち続けていくのか楽しみです。

これからも井上選手のご活躍に期待しています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる