MENU

カバエワの年齢や現役時代!プーチンとの出会いはいつ?



北京パラリンピックからロシアが除外されたことを受け、ロシアの元政治家であるアリーナ・カバエワさんが「世界のスポーツの歴史上恥ずべき1ページ」と非難したと報じられました。

アリーナ・カバエワさんはロシアのプーチン大統領とは事実婚の関係で2009年と2015年には出産もしたと言われており、それはロシアでは公然の秘密となっているようです。

アリーナ・カバエワさんは2004年アテネオリンピックでは体操個人で金メダルを獲得し”新体操の妖精”と呼ばれるのほど世界を魅了した選手でした。

カバエワさんの現役時代がどうであったのか、お二人がどのようにして出会ったのかまとめていきたいと思います。

目次



アリーナ・カバエワの年齢は?

名前:アリーナ・カバエワ

生年月日:1983年5月12日生まれ(38歳)

身長:166㎝

2000年のシドニーオリンピックで銅メダル、2004年のアテネオリンピックでは金メダルを獲得し”新体操の妖精”と呼ばれていたカバエワさんですが、2008年に現役を引退しています。

現在カバエワさんは38歳、報道が正しければ2009年26才の時に第一子を出産したことになり、その長男は現在12~13才になっていることになります。

また他に3人の子供がいて、3人目は女の子だという噂もあるので、3人の母親である可能性が高いようです。

カバエワさんは2014年からはプーチン大統領の旧友が大株主であるロシア政府傘下のメディアグループ会社の社長を務めていて、子供たちと一緒にソチにある豪邸で暮らしているそうです。



アリーナ・カバエワの新体操現役時代は?

アリーナ・カバエワは1998年15歳シニアデビューでいきなり優勝し、2000年のシドニーオリンピックでは金メダルに一番近い選手と言われていましたが大きなミスを犯し銅メダルに終わりました。

2001年の世界選手権ではメダルを一度は獲得したものの違反薬物を使用していたことが判明し、メダルはく奪、1年間の出場停止処分を受けています。

しかし輝かしい成績を残したことは事実であり、知らない人はいないほどの有名選手でしたよね。

1998年:ヨーロッパ選手権で金メダル

1999年:世界新体操選手権で個人総合優勝・種目別でも金メダルと銀メダル

2003年:世界新体操選手権で個人総合優勝

2004年:現役引退

2005年:現役復帰

2007年:世界新体操選手権の種目別リボン3位

2008年:2度目の現役引退



アリーナ・カバエワとプーチンの出会いは?

アリーナ・カバエワさんとプーチン大統領が出会ったのはおそらく2004年アテネオリンピックの会合の時と言われており、この時プーチン大統領は52歳でカバエワ選手は21歳です。

プーチン大統領は31歳の1983年に客室乗務員をしていたリュドミラさんと結婚し、2人の女の子をもうけましたが結婚30年の2013年に離婚しています。

離婚の表向きな理由は「別居生活が9年にわたりリュドミラさんの方から離婚を切り出した」となっていますが、実は「プーチン大統領の女性問題に耐え切れずリュドミラさんが離婚を切り出した」と言われています。

リュドミラさんはこの女性関係が原因で精神疾患を患い、その結果長い別居生活を送ることになったというのです。



カバエワの年齢や現役時代!プーチンとの出会いは?まとめ

アリーナ・カバエワさんは現在38歳、現役時代は世界体操選手権で金メダル(1999・2003年)、2000年のシドニーオリンピックでは個人総合銅メダル・2004年アテネオリンピック個人総合金メダルを獲得した有名選手です。

カバエワさんとプーチン大統領が出会ったのはおそらく2004年アテネオリンピックの会合の時と言われており、この時プーチン大統領は52歳でカバエワ選手は21歳でした。

カバエワさんはロシアのプーチン大統領とは事実婚の関係だと言われていますが、真実として認めているわけではありません。

これからお二人の関係については多くの情報が出るでしょうし、新しい事実も分かるかもしれませんね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる