水谷隼の今後の活動はタレントや指導者?引退後の仕事は?

東京オリンピック後引退を発表し、その後バラエティ番組などでも大活躍の水谷隼さん。

まだ32歳という若さですしご家族もいらっしゃるので、引退後タレントとして活動していくのか卓球に関わるお仕事をされていくのか、今後が気になるところです。

カレーの販売をされていることは有名ですが、それだけで今後やっていくということはないでしょうww

水谷隼さんの今後の活動予定について調べました。

目次

金メダリスト水谷隼の引退後の活動は?

水谷隼さんのツイッターなどを調べると毎日のようにテレビ番組に出演しています。

そしてかなりマメ!!毎日ツイートされていて、タレント活動も板についている感じです。

ご自身も卓球の普及活動をされつつ、タレントとして活動することを表明されたようです。

どのテレビ番組でもいつも笑顔のイメージですし、トークもかなりお上手ですよね。

所属事務所やマネジメントは現役の頃から変わっていないようで、マネジメントを努めているHLBスポーツのHPのニュース欄は水谷さんの出演情報で溢れています。

ただ東京オリンピック後一気にメディアへの露出が増えたためか、ご家族や親族の方々は急な取材などで負担を感じられているようです。

東京オリンピックでは多くの日本人選手がメダルを獲得されましたが、水谷選手は特にメディアから引っ張りだこでしたもんね。

多くのマスコミがご家族の元へも訪れたのでしょう、HLBスポーツからも取材に関してのお願いが掲載されていました。

水谷隼さんの直近の出演情報

◇10月12日:19:00~フジテレビ「今夜はナゾトレ 川柳四天王復活2時間SP」

◇10月12日:19:56~日本テレビ「踊るさんま御殿!!秋の超豊作3時間SP」

やっぱりカレーが本職?カレーの売れ行きは?どこで買える?

東京オリンピック卓球混合ダブルスで金メダルを獲得した直後に売り切れになったという「水谷隼カレー」。

「水谷隼」カレーは2013年にフリーデンとう会社とスポンサー契約を結び、2015年より販売されています。

水谷さんのカレー好きから始まったこのビジネスは現在3種類販売されているようです。(フリーデンの販売情報より*ハヤシソースも含む)

リオオリンピック直後はそれまで1年間の売り上げが1万個だったのに対し、1週間で1万個を売りあげたそうです。

ということは今回の東京オリンピック後はさらに多くの売り上げがあったことが予想されますね。



水谷隼選手といえばこんな物も話題!

水谷さんが東京オリンピック出場時に話題になっていたのがカラフルなネックレス!

「娘さんの手作りでお守りにしているのかな~」なんて声もありましたが、スポーツギアだったんですよね。

カラフルさが目を惹き、水谷選手にも似合ってましたよね。

水谷隼の家族構成

2013年に結婚した水谷隼さん、現在の家族は奥さんの海那(みな)さんと娘さんの茉莉花(まりか)ちゃん(7歳)の3人家族です。

奥さんは3歳年下で元卓球選手だそうで、お二人は水谷さんが高校時代からのお付き合いなんだそうです。

奥さんは中学生・水谷さんは高校生で同じ学校(青森山田中学・高校)の先輩後輩でした。

7年間の交際を経て結婚され、奥さんは水谷さんの選手生活を支えられたのですから、いくら水谷選手と伊藤美誠選手が仲がいいからと言って二人のことを応援する声があるというのはどうかと思ってしまいます。

この2人、結婚しないかな。

子供の頃から仲良いんだからもう一生ペアになればいいのに。

水谷選手と伊藤美誠選手がメダル獲得後のツイートより

お二人は伊藤美誠選手が5歳頃から同じスポーツ団体に所属していたつながりがあり、家族で仲良しだったようです。

それは兄妹のような感じで、水谷さんの中では伊藤選手の印象は当時のまま止まっているそうです。

そんな長い付き合いのお二人の絆があったことも、金メダルを獲得された理由の一つなのでしょうね。

水谷隼のプロフィール

○水谷隼(みずたにしゅん)

○生年月日:1989年6月9日(32歳)

○出身:静岡県磐田市

○出身校:青森県山田中学・高校

○血液型:B型

○世界最高ランク:4位(ダブルスは1位)

水谷隼の今後の活動はタレントや指導者?引退後なにするの?まとめ

ここでは東京オリンピック後引退を発表し、現在テレビで見ない日はないほど活躍されている水谷隼さんの引退後の活動について紹介してきました。

今はメディア出演で大忙しでしょうが、3年後にパリオリンピックも控えていますし、落ち着かれたら卓球の指導者としての活動もされるかもしれませんね。

また新しい情報がありましたら、紹介したいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる