MENU

「にほんごであそぼ」は日本語間違いだらけ?リニューアルで変わった?



NHK教育テレビで放送されている番組「にほんごであそぼ」は2022年4月に大幅リニューアルされ、これまでと様子が変わったという声が多く見られます。

SNSでは”リニューアルは改悪だ・日本語が間違いだらけ”という声もあがっているんです。

今回はそんな「にほんごであそぼ」の成り立ちやリニューアル後に何が変わったのか?また間違いだらけの日本語とはどのようなことなのかをご紹介します。

目次



「にほんごであそぼ」は日本語間違いだらけってほんと?

「にほんごであそぼ」はNHK教育テレビで放送されていますが、番組名のとおり日本語がより身近になるような子供向けの番組ですよね。

NHK教育テレビの番組ということもあり、親としては子供に見せることで教育にも繋がると思っている部分もあると予想でき、そんな「にほんごであそぼ」での日本語が間違いだらけという噂は問題ですよね。

具体的には、番組内で絵本「くまのがっこう」から生まれたテレビアニメ「がんばれ!ルルロロ」の歌が流れたところ、違和感を感じた視聴者がいたようなんです。

番組内では合言葉「ぴっけれー!」が、ルルロロの歌が終わる度に繰り返されたことで、このワードもトレンド入り。

これに対し「ルルロロの歌のピッケレって何?って思った」「敬礼は、けいれいだと思います」「間違った日本語教えてる」といった指摘があったようですね。

ルルロロの歌は以前からよく耳にしますし、「ぴっけれ」を意識したことはなかったのですが、”正しいにほんごを教える”という番組内では問題があるのかもしれません。

他にも絵空事は空に絵を描くこと、有頂天は嬉しい事などのコメントもあったようで、間違った日本語が多いと言う指摘もありました。

間違いだらけということはないでしょうが、現代風の歌を紹介するとそういったこともあるかもしれません。

「にほんごであそぼ」は2022年4月から番組の趣向がかわったようで、視聴者を困惑させていることは間違いないでしょう。



「にほんごであそぼ」はリニューアルで何が変わったの?

「にほんごであそぼ」は2022年4月から放送20年目に突入し、リニューアルされました。

日本の伝統芸能を紹介する番組内容だったんですが、今年度から西洋文学や最近のヒットソングなどのコーナーを展開しています。

このリニューアルにより視聴者からは”変わりすぎてショックを受けた”という声が多いようなんです。

番組には言葉遊びが好きな「のはーな」さんが加入し、出演者の衣装もカラフルになりましたよね。

今までは俳句や歌舞伎など、日本の伝統芸能を取り上げていましたが、4月からのリニューアル後は、「限界突破」をキーワードに繰り広げられたり、映画「君の名は。」のタイトルにかけて、動物の絵に「君の名は。」と問いかけるクイズなどがありました。

エンディングでも映画の主題歌「前前前世」が流れ、これまでの番組の雰囲気とは大きく変わっています。

視聴者の中には「あの独特の世界観が好きだったのに」という声も多く、改悪だと言われてしまっているようです。

今後、どのような番組になっていくのかはわかりませんが、公式サイトでは野村萬斎さんや歌舞伎役者の中村勘九郎さんなど、これまで番組に出演していた人の名前もあるので、世間の反応次第では元の感じに戻る可能性もあるかもしれません。



「にほんごであそぼ」のこれまでは?

「にほんごであそぼ」は2003年4月7日から放送され、20年の歴史があるNHKの長寿番組です。

日本語の豊かな表現に親しみ、日本語感覚を身につけることを狙いとする言語バラエティ番組としてスタートしています。(引用:wikipedia)

NHKで放送してる「えいごであそぼ」の日本語版というイメージがあり、能楽師・野村萬斎さんや歌舞伎役者や講談師の神田山陽さんらも出演していました。

日本古来の芸能を紹介していたので、この番組をみて百人一首や寿限無などを覚えたという人も多いのではないでしょうか。

小さい頃見ていたという方にもインパクトを与えたリニューアルですが、良くない評判の方が多いようで、今後の番組内容が気になりますね。

NHKとしては20年を過ぎて、見直しより身近な番組にという意図があったのかもしれませんが、歴史がある番組なだけに視聴者の戸惑いも大きいのかもしれません。



「にほんごであそぼ」は日本語間違いだらけ?リニューアルで変わった?まとめ

「にほんごであそぼ」は2022年4月に20年を超えリニューアルされましたが、改悪という声もあり、視聴者の評判は良くないようです。

しかしそれだけ「にほんごであそぼ」のファンが多いということでもあり、今後の番組内容も気になります。

これからも視聴する子供達の為にも、是非日本語の素晴らしさを伝える番組でいて欲しいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる