MENU

雲母翔太(きらしょうた)の年収や経歴本名、俳優活動・出演歴は?[バチェロレッテ2]



2022年7月7日(木)についに「バチェロッテ・ジャパン」シーズン2が遂に配信がスタートしますね。

2代目バチェロレッテの尾崎美紀さんのパートナーの座を狙う17名の参加者が発表され、今回の参加者は年齢層も広く顔面偏差値が高いことからネット上ではすでにパートナー予想で盛り上がっています。

俳優として活動する雲母翔太(きらしょうた)さんが「バチェロッテ2」に参加されるそうなのですが、雲母さんはこれまでどんな作品に出演されてきたのでしょうか。

また年収や本名も気になるところです。

ここでは「バチェロレッテ2」参加者の雲母翔太さんの経歴や本名・俳優活動・出演歴について紹介します。

目次



雲母翔太(きらしょうた)の経歴本名は?

名前:雲母 翔太(きら しょうた)

誕生日:5月8日(28歳)

出身地:北海道 函館

身長:180㎝

趣味:キャンプ・アウトドア・バイク

雲母さんは、出身は北海道で実家が昆布漁師をされていて、小さな頃から荒波だったり寒い海で働く両親をみて育ち非常に熱い男のようです。

「バチェロッテ2」のインタビュー動画では27歳と紹介されていますが、先日お誕生日を迎えられ現在は28歳、自身の事も熱血俳優とインスタグラムで紹介されています。

雲海(きら)という苗字はとても珍しい名前ですが、本名か芸名かは分かりませんでした。

俳優として所属していた芸能事務所は「オリオンズベルト」でしたが、2022年1月12日に退所されています。

退社後も俳優として活動をされていて、現在は自身と他俳優仲間と立ち上げた「劇団Uzume」(ウズメ)に所属しています。



最近では「ペナルティー」のヒデさん達と一緒に舞台に出演されていたようですよ。

雲母さんは趣味がバイクとアウトドアでインスタグラムにはキャンプ飯やバイクの写真が沢山投稿されていて、とてもワイルドで男らしい印象の方ですね。



雲母翔太(きらしょうた)の年収・稼ぎは?

現在「劇団Uzume」で劇団員として活躍している雲母さんの年収は公開されていませんが、平均的な劇団員の年収は20代だと270万円~300万円と言われているようです。

実際の収入は分かりませんが雲母さんの収入もそれくらではないかとネット上では予想されていました。

俳優さんなので、ヒット作や話題の作品に出演し知名度が上がればもっと収入が増える可能性があります。

現在雲海さんは28歳なのでこれから沢山の役柄の幅が広がっていくと考えられるのでこれからの活躍も楽しみですね。



雲母翔太(きらしょうた)の俳優活動・出演歴は?

雲母さんは今までに出演した作品を紹介します。

ドラマ

  • NTV「知らなくていいコト」
  • TBS「恋はつづくよどこまでも」#救急隊員・宇野誠役
  • NHK 大河ドラマ「いだてん」#34・兵士役
  • NTB「部活、好きじゃなきゃだめですか?」レギュラー生徒・大石役
  • TBS「花のち晴れ」
  • NTV「奥さまは取り扱い注意」#5・暴走族役

映画

  • 「今日から俺は!」 開久高校・浦原翔役
  • 「るろうに剣心 最終章 The Final」
  • 「太陽の子」 青年将校役
  • 「花と雨」 半グレ役

CM

  • 2020 WEBイオントップバリュー
  • 2020 「KIREIMO」
  • 2020「ランチパック」大学生役
  • 2018「インディード」サッカー選手役
  • 2017「夜マック」ラグビー選手

など様々な作品に今まで出演しておられたこともありTwitter上では雲母さんの「花晴の時の役が好きだった」など出演作品で知っている方も多くいるようでした。

現在は舞台出演が多く、7月には「ヒーローのたいだ」10月には「紙飛行機」の2作品の公演出演が決まっています。

「バチェロッテ2」に参加が決まり、俳優としての雲母さんにさらに注目が集まるのではないでしょうか。



雲母翔太(きらしょうた)の年収や経歴本名、俳優活動・出演歴は?[バチェロレッテ2]まとめ

俳優として活動する雲母さんは沢山のドラマや映画に出演した経験があり、現在は舞台で沢山活躍されています。

見た目も中身もとてもワイルドで男らしい雲母さんは初めて尾崎さんを見た時からタイプだと言われていましたが、どんなアピールをしていくのか楽しみですね。

これから雲母さんの俳優としての活躍も楽しみにしています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる