MENU

映画化「僕愛/君愛」見る順番でどう変わる?あらすじネタバレも!



累計発行部数31万部を突破した乙野四方字(おとのよもじ)さんの人気小説、『僕が愛したすべての君へ』と『君を愛したひとりの僕へ』がアニメ映画化され、2022年10月7日(金)から2作同時公開されます。

この作品は1つの選択によって違う人生を歩むことになる同じ名前の少年が主人公で、それぞれの世界で出会う少女とのラブストーリーが描かれているのですが、この斬新な”並行世界”の設定がTikTokでも大きな話題になりました。

そして、この物語はどちらを先に見るかによって結末や見たあとの印象が変わるそうなのですが、どんな風に違うのか気になります。

ここでは、映画『僕が愛したすべての君へ』と『君を愛したひとりの僕へ』のあらすじや、見る順番でどう変わるのか、あらすじとネタバレも合わせて紹介します!

目次



映画化「僕愛/君愛」あらすじネタバレと見る順番でどう変わる?

『僕が愛したすべての君へ』と『君を愛したひとりの僕へ』はそれぞれ独立した物語なのですが、2つの世界は絡み合い連動していてお互いの世界を支えあっているという”並行世界”の物語です。

「僕が愛したすべての君へ(僕愛)」から先に見た場合

映画『僕が愛したすべての君へ』は、松本淳監督、BAKKEN RECORDが制作され、主人公の暦の声優は宮沢氷魚さん、ヒロインの和音は橋本愛さんが担当されています。

『僕が愛したすべての君へ』のあらすじ

両親が離婚し、母親と暮らす高校生の高崎暦(たかさきこよみ)。

ある日、クラスメイトの瀧川和音(たきがわかずね)に声をかけられる。

85番目の”並行世界”から移動してきたという彼女は、その世界で2人が恋人同士であると告げる…。

引用元:『僕が愛したすべての君へ』公式サイト

『僕が愛したすべての君へ』は幸せな展開のラブストーリーとなっていて、僕愛を見終ったあとは幸せな印象となります



「君を愛したひとりの僕へ」から先に見た場合

映画『君を愛したひとりの僕へ』は、カサヰケンイチ監督、トムス・エンタテイメントが制作され、主人公の暦の声は”僕愛”と同じ宮沢氷魚さん、ヒロインの栞は蒔田彩珠さんが担当されています。

『君を愛したひとりの僕へ』のあらすじ

両親が離婚し、父親と暮らす小学生の日高暦(ひだかこよみ)。

ある日、父の勤務先で佐藤栞(さとうしおり)という少女と出会い、お互いに恋心を抱くようになったが親同士が再婚することを知らされる。

ふたりは兄妹にならない運命が約束された”並行世界”への駆け落ちを決断するが…。

引用元:『君を愛したひとりの僕へ』公式サイト

『君を愛したひとりの僕へ』は切ない展開のラブストーリーになっていて、君愛を見たあとは切ない印象を持ちます。

つまり、先ではなく後に見た物語の結末が鑑賞後の印象を左右するということですね。

・僕愛⇒君愛・・・切ない終わり方
・君愛⇒僕愛・・・幸せな結末

また”僕愛”の主題歌には須田景凪さん、”君愛”の主題歌はSaucy Dogがこの作品のために書き下ろしていて、それぞれの物語の世界観にあった楽曲が作品を盛り上げているようですよ。



映画化「僕愛/君愛」見る順番でどう変わる?あらすじネタバレも!まとめ

ここでは、映画『僕が愛したすべての君へ』と『君を愛したひとりの僕へ』のあらすじについて、また見る順番でどのように印象が変わるのかについてご紹介いたしました!

観る順番によって結末が変わるという斬新な本作ですが、どちらのラブストーリーもそれぞれの感動があり、どちらを先に見ても楽しめることは間違いなさそうですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる