MENU

糸井嘉男は引退後何する?選手生活年俸や伝説、結婚した嫁や家族についても!



大学卒業後22歳でプロ入りし、日ハム・オリックスバファローズに在籍後、現在阪神タイガースで活躍中の糸井嘉男選手が引退されることで話題となっていますね。

元は投手であり野手に転向後、「超人」と呼ばれ、また人柄も人気があり色々な伝説を残しています。

そんな人気選手である糸井嘉男さんが引退をなにをされるのか気になりますよね。

またこれまでの選手生活や年俸、数々の伝説、そして奥さんなどご家族はどんな方なのでしょうか。

今回は引退を発表された糸井嘉男選手の引退後についてや選手生活中の伝説や年俸、また奥さんやご家族について紹介します。

目次



糸井嘉男の選手生活や年俸、伝説は?

糸井嘉男選手は1981年7月31日生まれで、2022年9月現在41歳。

大学後プロ入りし、野手コンバートに成功した選手の代表格とも言われていますが、一味違った学生時代を過ごされているんです。

中学時代は軟式野球部に所属し、エースではあったものの推薦を受けることなく地元の京都府立宮津高等学校へ進学。

高校進学直後に立て続けに膝・肩の手術を受けることになり、野球部で活動できたのはたった4か月だったそうです。

ご本人はプロ入りを希望していたようですがドラフト指名はなく、近畿大学へ入学後頭角を現したのは4年生の時と遅咲きだったんです。

それまでにももちろん実力ある選手だったと思われますが、ケガやタイミングが合わず活躍する機会がなかったのかもしれません。

4年生の時には投手として、リーグMVP・最優秀投手・ベストナインを獲得、その年のドラフト会議で日本ハムファイターズに入団が決定しました。

日本ハムに投手として入団してから2年後、2006年に外野手に転向。

2009年からはレギュラーとして活躍し11年連続規定打席到達、そして10年連続オールスターゲーム出場と大活躍されます。

2013年から地元関西に戻り、オリックスバファローズに所属後、2017年からは阪神タイガースに移籍、契約年俸は4年で18億円超えと言われています。

日ハム時代にはNPB史上初の6年連続「打率3割・20盗塁・ゴールデングラブ賞」を達成、その後も【打てる・守れる・走れる】というオールラウンドプレイヤーとして活躍されてきました。



日ハム入団当初1,500万円だった年俸も、その後2011年には1億円を突破、2013年には2億円になり、最高は阪神へ移籍した2017年には4億5千万円と高額年俸プレーヤーに。

そんな大活躍の一流プレーヤーとなった糸井選手ですが、実は天然な性格で数々の伝説を残しているんです。

糸井選手の天然エピソードの一部を紹介すると、

『野手転向後の初打席に打ってすぐに3塁に走り出した』

プロの世界でこんなことあるの?という信じられない天然っぷり

『右中間ってなんですか?』発言!!

『ツーアウトなのに全力でタッチアップ』

『守備の時ツーアウト3塁なのにフライを捕ってホームへ全力で返球』

観客もびっくり!!

『ヒットを放つも一塁のベースを踏み忘れる』

『大学時代にミスをした糸井選手を殴ろうとした監督にハイタッチ』

ちょっと可愛いけど…

『キャプテンマークに重みを感じますかと聞かれて「結構軽い素材なんで」と回答』

ド天然ですねw

『カーブを投げると宣言するが、ロージンを触っている間に忘れて剛速球を投げキャッチャーに激怒される』

『セットポジションから投げ方がわからなくなりフリーズする』

これはほんの一部であり、糸井選手に纏わる笑ってしまう珍事件がたくさんあるんです。

これだけ色々天然伝説がある糸井選手ですが、野球選手として凄さはもちろん高く評価され、また愛されキャラでもあるんでしょうね。



糸井嘉男は引退後何する?引退試合はいつ?

2022年9月12日に今期限りで現役を引退することを決断した糸井選手。

近日中に会見を行うという事ですが、気になるのは引退後何をするのかですよね。

今後球団と進退について話し合いをするという事ですが、球団側としては球団に関わるポストを打診すると言われています。

筋肉隆々で、走攻守三拍子揃った抜群の選手を球団は手放したくないと思いますが、それはタイガースだけでなくオリックスや日ハムも同じなのではないでしょうか。

また解説者という説も噂されていますが、新庄監督のように一旦タレントになるということもあるかもしれません。

引退試合についてはまだ発表がありませんが、9月20日の横浜DeNA戦・28日のファーム鳴尾浜主催試合のあとにセレモニーが行われるのでは?と予想されています。



糸井嘉男は嫁や家族は?いつ結婚した?

糸井嘉男選手のご両親はお父様はトライアスロンの選手、お母様はバレーボール選手で国体にも出場した事がある方のよう。

お父様・糸井義人さんは今も現役で大会にも出場されているそうですよ。

しかし糸井選手にトライアスロンやバレボールの経験があるかどうかは分かっておらず、中学からずっと野球をされてきています。(中学時代は軟式野球)

そんな糸井選手は2005年10月、24歳の時に結婚され、奥さんの恵さんはアスリートフードマイスターとして活動している方で、本も出版されているんです。

また子供は娘さんが二人誕生していて、2022年現在16歳と13歳になられているようですが、子供さんたちに関する詳しい情報は分かりませんでした。

大きな娘さんがいるパパには見えない糸井選手ですが、今後はたくさん家族サービスをされるんでしょうね。



糸井嘉男は引退後何する?選手生活年俸や伝説、嫁や家族についても!まとめ

糸井嘉男選手は9月12日に引退を発表されましたが、引退後は何をするのかは記者会見でお話しがあるかもしれません。

コーチや解説者というのは容易に想像できますが、キャラからタレントとしてのオファーもあるかもしれませんね。

また日ハムとは現在でも交流が深いと言われているので、北海道で活動する可能性もあります。

引退後はテレビ出演も増えると思いますので、糸井選手の発言が楽しみです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる