MENU

ジムキャリーの2022現在!今は引退?映画で演じた役柄や嫁・子供も!



ジムキャリーさんと言えば1994年の映画『マスク』に主演以来コメディもこなす俳優さんとして日本でもブレイクし、2022年9月現在で還暦(60歳)になられています。

最近では、あるインタビューで引退を示唆する発言もあり、実際に引退を考えているのかが気になります。

また、プライベートや奥さん・子供さんはどんな方なのでしょうか?

ここでは、ジムキャリーさんの2022年現在や引退について、奥さんや子供について、また今まで演じた役柄や代表作品について紹介します。

目次



ジムキャリーの2022現在!今は引退?

2022年に、映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニックVSナックルズ』のプロモーションを行っていたジムキャリーさんが、取材中に「引退します。多分ね。」と語り、インタビュアーを驚かせたそうです。

それ以降は出演作品が決まっていないジムキャリーさんですが、『ソニック・ザ・ムービー』シリーズ第3弾への出演を熱望する声もあがっていて、「状況次第ではありますが…」と前置きをして、とりあえず「休業はします。」と宣言しました。

ジムキャリーさんが取材を受けた日は、偶然にも4月1日のエイプリルフールだったので「エイプリルフールのジョークであってほしい」というファンの声が多く寄せられたそうです。

大胆に面白い役柄を演じられるジムキャリーさんは唯一無二の存在ですし、まだまだ楽しい演技を見せてほしいですよね。



ジムキャリーの嫁や子供は?

ジムキャリーさんは1987年3月、25歳で2歳年上のメリッサ・ウォーマーさんと結婚し、同年9月に娘ジェーンさん(2022年現在35歳)が誕生しましたが、8年後の1995年に離婚。

娘のジェーン・エリン・キャリーさんは現在、歌手として活動しているようです。

翌年の1996年に、映画『ジム・キャリーはMr.ダマ―』で共演した女優、ローレン・ホリーさんと再婚しますが、1年経たずに離婚しました。

その後は、モデルで女優のジェニー・マッカーシーさんと交際、2019年には女優のジンジャー・ゴンザガさんが新恋人としてレッドカーペットデビューしましたが、すぐに破局となったようです。

まとめると、これまでにジムキャリーさんは2回の結婚・離婚をし、子供は娘が1人で、現在は独身のままのようです。



ジムキャリーが映画で演じた役柄や代表作品は?

ジムキャリーさんは1962年1月17日にカナダで生まれ、1977年の15歳のころにスタンダップコメディアンとして活動をはじめました。

1980年代にはアメリカに移住し、シットコムやコメディ映画に俳優として出演するようになります。

1994年には、映画『マスク』『エース・ベンチュラ』『ジム・キャリーはMr.ダマー』に主演し、一躍ブレイク、邦題にはジムキャリーの名前が入った作品も多いですよね。

『マスク』では、マスクを被ると豹変する銀行マンの役を演じていますが、そのぶっ飛び具合が頭から離れない名演技で、日本でもコメディ俳優=ジムキャリーという印象を強くしました。

1998年の映画『トゥルーマン・ショー』では、生まれた時から人生のすべてを24時間撮影されていて、そのままリアリティ番組として世界220ヶ国で放送されているという役を演じ、ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞。

そしてジムキャリーさんの出演作を語る上で外せない作品が2008年公開の『イエスマン』ではないでしょうか。

この作品はコメディ要素がふんだんにありますが、ただ面白いだけでなくハートフルなヒューマンドラマでもあり、何度も見たくなる名作だと言われています。

また2013年の「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」では前作には登場していない新しいキャラを演じ、役作りにジムキャリーさん本人もノリノリだったそうですよ。

そして最新出演作である映画『ソニック・ザ・ムービー』の続編では、悪の天才科学者ドクター・ロボトニックを演じ、ヒゲが特徴の悪役ぶりは前回の作品同様、大いにファンを楽しませてくれていますよ。



ジムキャリーの2022現在!今は引退?映画で演じた役柄や嫁・子供も!まとめ

ここでは、ジムキャリーさんの2022年現在や引退について、また代表作品や役柄、奥さんや子供はいるのか?についてご紹介いたしました!

現在60歳になられているジムキャリーさんですが、ぜひこれからも個性的な演技でコメディ映画に出演し、また世界中のファンを楽しませてほしいですよね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる