MENU

「階段下のゴッホ」スミレの役柄は?原作あらすじやキャスト相関図も!



2022年9月20日スタートのTBSドラマ『階段下のゴッホ』は、浅野忠信さんとCHARAさんの娘のモデルで女優の”SUMIRE”さんが主演を務め、俳優の神尾楓珠さんが共演されると発表されました。

同時に映像作家の山田智和さんが手掛けたビジュアルも解禁され、どんなドラマになるのか話題になっています。

SUMIREさんはこれまでにドラマに何本か出演されていますが、主演は初めてで、地上波のドラマ出演では3作品目となります。

ここでは、『階段下のゴッホ』に出演するスミレさんや神尾楓珠さんの役柄について、また原作やあらすじについてご紹介いたします!

目次



「階段下のゴッホ」スミレ・神尾楓珠の役柄と関係は?

「階段下のゴッホ」の主人公・鏑木都(かぶらぎみやこ)は、とある絵画に出会ったことで画家になることを一念発起し通い始めた美術予備校で6歳年下の浪人生である真太郎と出会います。

鏑木都(かぶらぎ・みやこ) 役:SUMIRE

物語の主人公で、美人、勤勉、成績優秀。大手化粧品メーカーに勤め人望厚き働き盛りの30歳。年収1000万超えの”高収入バリキャリ女子”である。

平真太郎(たいら・しんたろう) 役:神尾楓珠

美術予備校に通う東京藝術大学に六浪中のミステリアスな青年。その顔立ちの細やかさから通称”ダビデ”と呼ばれている。



「階段下のゴッホ」原作はある?あらすじは?

『階段下のゴッホ』は格差も壁も乗り越え自分らしく生きる主人公を描いたヒューマンラブストーリーで、原作はなくオリジナルの脚本となっています。

脚本家は加藤法子さん、演出・プロデュースは小牧桜さんが担当されていて、脚本家の加藤さんは東京藝術大学大学院の出身だそう。

東京藝術大学大学院は物語の主人公が目指す大学であることから、かなりリアリティーのあるドラマ脚本になっているのではないでしょうか。

ー『階段下のゴッホ』あらすじー

画家を目指し美術予備校に入学した主人公の鏑木都は、ミステリアスな浪人生である真太郎と出会い、圧倒的とも言える絵画の才能に驚愕する。

真太郎はストイックだが口が悪く自分本位な性格で、二人は最悪な出会いを果たすが、美術の道を志すことと、勤めている化粧品メーカーでの勤務を両立するという、無謀とも思われる挑戦をひたむきに続ける都に関わるうちに、真太郎の”生き方”にも変化が訪れていき…。



「階段下のゴッホ」キャスト一覧や相関図は?

現在「階段下のゴッホ」のキャストとして発表されているのは、SUMIREさんと神尾楓珠さんだけです。

他の役者さんが発表され次第、随時更新していきます。

「階段下のゴッホ」キャスト

・鏑木都(かぶらぎみやこ)・・・SUMIRE

・平真太郎(たいらしんたろう)・・・神尾楓珠

本作は「いつだって何にだって挑戦する自由を誰しもが持っている」がテーマとなっていて、生きやすいようで生きにくい令和の時代を生きる女性たちにエールを送る作品です。

このドラマが初主演となるスミレさんが、どんな演技を見せてくれるのかも楽しみですよね。



「階段下のゴッホ」スミレの役柄は?原作あらすじやキャスト相関図も!まとめ

ここでは、ドラマ『階段下のゴッホ』のキャスト、スミレさんや神尾楓珠さんの役柄についてや、原作あらすじについてなどをご紹介いたしました!

ドラマでは、夢を追っている方や、日々一生懸命働いている方に刺さるシーンやセリフがたくさんあるそうなので、見れば元気がもらえるかもしれませんね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる