MENU

兼近(EXIT)の頭が良いエピソードは?天才説や小説家としての評価も!

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】 U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり

お笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹さんは、2019年には吉本男前ランキングで1位を獲得するなど幅広い世代に人気の芸人さんですよね。

兼近さんはご自身で中卒だと発言されていますが、ネット上では本当は頭がいいのでは?と話題になっているようなんです。

昨年2021年10月には自身初となる小説「むき出し」を発売されましたが、小説家としての評価も気になります。

ここではお笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹さんが頭がよいと言われているエピソードや天才哲、また小説家としての評価を紹介していきます。

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】 U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり
目次

兼近(EXIT)の頭が良いエピソードは?天才説も!

兼近さんはパリピのチャラ男ネタでブレイクし、中卒で勉強はできないと言われているのですが「実は天才なのでは?」と話題になっているようです。

兼近さんは『高校認定ってどうやって取るんだろうって調べて、自分が今どの程度の学力があるのか調べたら、小学2年生でした」とテレビ番組で明かされています。

自分では学歴はなく勉強もできないと言っていますが、兼近さんはYouTubeチャンネルで高卒認定試験に向けて勉強に励んでいる様子を投稿。

「ホンマでっか⁉TV」で共演する脳科学者の中野信子さんに勉強を教わっていて、その動画で兼近さんが天才ではないかと言われるようになったようです。

兼近さんは英単語が苦手なようですが、諦めず連想ゲームのように問題を解いていったり、自分の知っている洋楽に出てくる単語から分からない英語の意味を考えているんです。

中野さんも兼近さんの回答に驚きの連続だったそうで、兼近さんの事をこのように解説しました。

『久しぶりに勉強に触れた人でも、「あーそうだった!」「忘れていたな」と思い出すのではないでしょうか』

このことから発想力とひらめきが天才だとネット上で話題になったようです。

兼近(EXIT)の小説家としての評価は?

兼近さんは、2021年10月に自身初となる小説「むき出し」発売しました。

この小説は主人公・石山が不良から、いかにして芸人の道へ進んで行くのかを描いた作品になっています。

兼近さんは自身がチャラ男芸人なのでファンの人だけが読んでくれるのかなと最初は思っていたそうですが、小説の発売して感想が兼近さんの元に沢山届き、ファンじゃない方からも感想もあってとても嬉しくて、小説販売直後より感想が届いてからのほうが興奮したのだとか。

兼近さんは「小説を書くために芸人になった」と言うほど小説を書きたいと6.7年ずっと思い続けて、やっと小説が書けてスッキリしたと明かしています。

そんな思いを叶えた兼近さんの小説について芥川賞作家で芸人の又吉直樹さんはが独自目線でインタビューされていました。

「3つくらいの文章をちゃんと意識的に書き分けてくみあわせてて、重層的なんですよね!それが読み物としても面白い」

と兼近さんの小説について絶賛されています。

その他にも小説を読んだ方の感想なども、とても評価が良いものが多い様に感じました。

自分という世界にしがみついて生きてきた人でも心が柔らかくなれるような本。

人や物事に寄り添う心を教えてくれる、とても大切な本になりました。

など、どこか温かい内容に小説家としての評価も高く2冊目執筆を願うファンも多いようです。

兼近(EXIT)の中学時代や生い立ちは?

派手な見た目で明るく楽しい兼近さんですが、とても壮絶な生い立ちをされているんです。

兼近さんは北海道札幌市北区の出身で4兄弟の3番目に生まれ、兼近さんが中学に入って直ぐの頃に父親が経営していた建設会社が倒産してしまい、両親が離婚。

兼近さんと2歳年下の妹は母親に引き取られ母親は昼間は工場、夜はスナックで働き2人を養ってくれたそう。

兼近さんは中学生の頃は野球に熱中し甲子園を狙える札幌の強豪校からのスカウトされる程の実力があったそうなのですが、家庭の事情で野球を諦めてしまいます。

中学卒業後は定時制高校に入学し生活費と学費を稼ぐ為に新聞配達と、とび職をして働きますが仕事を優先する為高校は自主退学。

20歳の頃、妹が高校を卒業したのを機に、憧れていた芸人になる為に上京し、NSC東京校19期生として入校します。

2013年の1月にお笑いコンビ「ぷずりん」を逢見涼太さんと結成しますが、2017年5月に逢見さんが活動休止に。

それからしばらくピンで活動していましたが、現在の相方りんたろーさんを誘い、仮のコンビ「SCANDAL」を組み「M-1グランプリ2017」に出場することとなりました。

2017年の1月に「ぷりんず」は解散し、2017年12月に「EXIT」を結成、2019年にチャラ男芸人として大ブレイクを果たしました。

ブレイクしチャラ男を演じていますが、どこか優しく素敵な兼近さんは沢山の努力と苦労をされてきたからこそ、好高感度が高いのかもしれませんね。

兼近(EXIT)の頭が良いエピソードは?天才説や小説家としての評価も!まとめ

兼近さんはテレビでは見ない日が無いほどブレイクしてから芸人、タレントとして大活躍されています。

とても明るいチャラ男の芸風ですが、学生の頃は金銭的に厳しくとても苦労したようです。

芸人になりブレイクしても様々なことにチャレンジし続ける兼近さんの活躍をこれからも楽しみにしています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次