MENU

コロッケの若い頃や家族は?モノマネ引退の理由も調査!

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】 U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり

ものまねタレントのコロッケさんが「ものまねグランプリ」を引退すると発表されました。

ものまね界のレジェンドであるコロッケさんが引退と言う事で、理由が気になりますよね。

そんなコロッケさんの若い頃や家族のことなどはあまり知られていないかも?

ということで、コロッケさんの若い頃や家族のこと、そして引退の理由などまとめてご紹介しましょう。

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】 U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり
目次

コロッケの若い頃は?

ものまねタレントのコロッケさんですが、現在は60歳を超え大御所の雰囲気ですよね。

そんなコロッケさんの若い頃はどのような感じだったのでしょうか?

コロッケさんの本名は瀧川広志(たきがわひろし)さんといい、現在62歳の熊本県出身。

若い頃はショーパブやゲイバーなどを中心に活動していたということで、最初は熊本で活動していたと言う事です。

その後、日本テレビの「お笑いスター誕生!!」に出演し、ちあきなおみさん、桜田淳子さん、松田聖子さんなどの形態模写で一躍人気芸人になりました。

テレビでも活躍するようになり、1985年のフジテレビ「ものまね王座決定戦」に出演しブレイク!

ものまね四天王としてブームにまでなりますが、フジテレビの番組プロデューサーとの対立や、事務所独立を廻る軋轢などから、日本テレビのものまね番組へ移行。

それでも、ものまねタレントとしては完成していますし、他の追随を許さない唯一無二のものまねはやっぱり凄いと思います。

若い頃からずっと第一線で活躍しているイメージですね。

コロッケの家族は?

次にコロッケさんの家族ですが、あまりプライベートの話は聞いたことがないですよね。

調べてみると、1988年に前妻である明美さんと離婚しますが、その16日後に辻真理子さんという女性と再婚されていました。

明美さんとは別居生活を長い間送っていて、離婚が成立したらすぐに再婚したということですが、今の時代なら色々と言われそうですけどね。

そしてお子様ですが、4人いらっしゃいます。

長女が円(まどか)さん、長男が満(みちる)さん、次男が歩(あゆむ)さんで、次女が光(ひかる)さんになります。

長女の円さんは歌手として活動していて、舞台やモデル、タレント活動をしていますね。

長男の満さんは一般人として生活しているようで、情報が余りありません。

次男の歩さんは元相撲力士で、力士時代は琴滝川という四股名で頑張っていましたが、怪我もあり1年で引退してしまったそうです。

整体師になるために専門学校に通っているということですが、妹やお姉さんのバーターとしてテレビ出演もしていますよ。

そして次女の光さんですが、芸能活動をしていて母親が経営するナインミューズラウンドに所属しています。

タレント活動をしながら舞台やバラエティ番組、そして声優などと幅広く活動中ですよ。

子供達も芸能活動をしているようなので、家族仲良くみんなで芸能人ってかんじですかね。

コロッケのものまね引退理由は?

コロッケさんがものまね引退ってことで、ビックリしましたが、こちらはテレビ番組「ものまねグランプリ」を引退というか卒業するということですね。

なんでテレビ出演しないわけでもありませんし、芸能界を引退する訳でも無いので安心してください。

まだまだコロッケさんのモノマネを楽しめますよ。

現役バリバリのコロッケさんが「ものまねグランプリ」を引退するのは、現在のコンプライアンス上の問題もあるという事です。

コロッケさんのものまねで有名な野口五郎さんがありますが、小指に鼻をを突っ込むのもNGということです。

今後きちんとしたコロッケさんのものまねを見たいのなら、舞台やライブに行くしか無いということですね。

コロッケさん自身も惜しまれての卒業は良いタイミングという考えのようですし、コロッケさんの空いた席に若手のものまねタレントが入るのは良い事でしょう。

これからは若手の育成をしていくということで、エンタメの学校を作りたいという夢もあるようです。

学校の校長もやり講師もやるということで、コロッケさんの芸も引き継がれて行くのかもしれませんね。

コロッケの若い頃や家族は?モノマネ引退の理由も調査!まとめ

コロッケさんの若い頃もものまねタレントとして活躍し、スター誕生の形態模写から人気物になりました。

家族はお嫁さんが芸能事務所社長で、子供4人のうち3人は芸能活動をしているようですよ。

「ものまねグランプリ」は引退しましたが、ものまねは続けて行きますし、若手を育てていくと言うことで、今後もものまねに特化した活動をしていくようです。

コロッケ二世の誕生を楽しみにしたいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次