MENU

中井貴一の嫁や子供は?姉の今現在や父親と母親の死因は?



中井貴一さんといえば、コミカルな役から堅い役までこなし多くの映画やドラマはもちろん、大河ドラマに多く出演している大物俳優ですよね。

2022年5月20日に伊能忠敬さんを扱った映画「大河の道」が公開され、主演を中井貴一さんが務めていることでも話題になっています。

私生活では39歳の時に一般女性と結婚されていますが、中井さんにお子さんはいらっしゃるのでしょうか?

ここでは中井貴一さんの奥さんやお子さんについて、またお姉さんの中井貴恵さんの現在の活動や、中井さんのご両親の死因についてご紹介します。

目次



中井貴一の嫁や子供は?

中井貴一さんは亡くなったお父様の年齢(37歳)を越えたことで結婚を決意し、2000年9月18日39歳の誕生日に一般女性の方と結婚をしています。

奥様は吉谷麻友子(よしやまゆこ)さんという方で中井さんより6歳年下の54歳(2022年5月現在)と言われていますが、中井さんが公開した情報ではないので確かとは言えません。

お二人にお子さんはいませんが、中井さんはお父様を早くに亡くしたのでお子さんを作ることにためらいがあったのかもしれませんね。



中井貴一の姉の今現在

中井貴一さんのお姉さんの中井貴恵さんは女優・エッセイストで、近年では読み聞かせ会や音語りの活動でも高く評価されています。

1998年に「大人と子供のための読みきかせの会」を結成し、幼稚園や小学校・小児病棟などでこれまでに1450回以上の講演を行っていらっしゃるんです。

貴恵さんは1977年の映画「女王蜂」でデビューし多くの新人賞を受賞、「あゝ野麦峠 新緑」「制覇」では日本アカデミー賞助演女優賞にノミネートされました。

1987年に一般の男性と結婚したのを機に女優のお仕事は休業し、それからは読み聞かせや朗読の活動をメインに活躍中です。

本名:中沢貴恵子(旧姓中井)

生年月日:1957年11月27日(2022年6月現在64歳)

出身地:世田谷区田園調布

身長:167㎝

活動開始:1977年

代表作:1978年「女王蜂」「あゝ野麦峠 新緑」「制覇」



中井貴一の父親と母親の死因は?

中井貴一さんと貴恵さんのお父様は佐田啓二(さだけいじ)さんという俳優で、お二人が3歳・7歳になる年の1964年に交通事故で亡くなっています。

NHKドラマ「虹の設計」の撮影に向かう際に運転手が坂道でハンドル操作を誤り大きな事故を起こしましたが、亡くなったのは佐田啓二さんだけで他の方は軽傷でした。

お母様の益子さんの死因は分かっていませんが2016年の87歳で生涯を閉じています。

佐田さんは松竹大船撮影所の前にあったレストランの看板娘である杉戸益子さんと10年の交際を経て、佐田さんが30歳の1957年に結婚、その年に貴恵子さん・4年後に貴一さんが誕生しています。

佐田啓二(さだけいじ)

本名:中井寛一(なかいかんいち)

生年月日:1926年12月9日

没年月日:1964年8月17日(37歳没)

身長:173.2㎝

職業:俳優

主な作品:「秋刀魚の味」「鐘の鳴る丘」「あなた買います」(貴恵さんの好きな作品)「お早う」(貴一さんの好きな作品)



中井貴一の嫁や子供は?姉の今現在や父親と母親の死因は?まとめ

中井貴一さんは数多くの映画やドラマに出演し、コミカルな役から渋い役まで幅広い演技をする大物俳優の一人です。

中井さんは亡くなったお父様の年齢を越えた39歳の誕生日にに6歳年下の一般の方と結婚しましたが、お子さんはいません。

お父様の佐田啓二さんは中井さんが3歳の時に37歳の若さにして交通事故で亡くなり、お母様の死因は分かっていませんが2016年に87歳で亡くなっています。

お姉さまの中井貴恵さんは1987年に結婚をしたのを機に女優を休業、現在は幼稚園・学校・小児病棟で読み聞かせや朗読のイベントで活躍中です。

中井貴一さんの活躍がこれからも楽しみですね。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる