MENU

NASA誕生日の画像はいくつ?調べ方や種類は?何才からある?



最近、自分の誕生日の時の”NASAが提供している宇宙の画像”を調べるのが流行っているのはご存じですか?

NASAで撮られた写真なんて神秘的ですし、一度見てみたいですよね。

そんなNASAの宇宙画像はいつの誕生日から検索でき、何種類の画像が存在するのでしょうか。

今回はNASAの誕生日画像がいくつ種類があって、いつの日付から調べることができるのか、また検索方法について紹介します。

目次



NASA誕生日(生まれた日)の写真(画像)の調べ方

出典:businessinsider.jp

今ちょっとしたブームになっている、NASAが撮った誕生日の画像の調べ方をご紹介します。

調べ方は簡単なのですが、検索して探すと英語表記のため見つけるまで時間がかかってしまうかも・・・

下のNASAの画像カレンダーページのリンクをクリックすれば、すぐに検索できます↓↓↓

このページで検索できるのは1995年6月生まれ以降の人です!(それ以前の人は↓でご説明します)

一応検索エンジンでの検索の仕方をご紹介すると・・・

①「Astronomy Picture of the Day」にアクセスする

②Topページの下のカレンダーをクリックする

③自分の誕生月をクリックする

④表示された月の中で自分の誕生日の日付をクリックする。

そして1995年5月より前に生まれた人の宇宙画像はNASAの公式サイト「What Did Hubble See on Your Birthday?」でも検索できます。

①画面を下にスクロールして、生まれた月と日を入力する

②画面中央に赤いボタンがでるので、クリックする

これはNASAのサイトに開設された特設ページですが、生まれ年は指定できないので、月と日の誕生日の設定になります。



NASA誕生日の画像は何歳(生まれた日)から調べられる?

自分が生まれた年と日が一致した宇宙の写真を見れるのは1995年6月以降に生まれた人ということになります。

現在NASAのウエブサイトでの宇宙写真の掲載では、1995年5月以前に生まれた人の日付は指定することができません。

上の2つめの調べ方では表示されるのは1965年6月以降の写真で、年の指定はできません。

月日だけで調べることになるので自分がまさに生まれた日ということではないのですが、この日は宇宙はこんな状態なんだと楽しむことができますよ。



NASA誕生日・生年月日の写真の種類はいくつ?

まずNASAの宇宙の画像というのは、「誕生日のハッブル宇宙望遠鏡が捉えた画像」のことなんです。

2020年ハッブル宇宙望遠鏡が運用30周年を迎えたことを受け、NASA(アメリカ航空宇宙局)のウェブサイトでその画像の公開を始めました。

ハッブル宇宙望遠鏡は1990年から、ずっと休むことなく宇宙を探索し続けているということなんです。

そんな画像の種類ですが、その日の画像は1つ表示されるのですが、NASAで撮られた写真という意味でいえば、1995年6月からずっととり続けていますので9700種類以上と言えます。

そしてこれは増え続けて行くということですよね。

誕生日とは関係なく宇宙の本当の画像を見るのはとても神秘的で楽しいですよ、ぜひ調べてみてくださいね!



NASA誕生日の画像はいくつ?調べ方や種類は?何才からある?まとめ

自分の誕生日のNASAが撮った宇宙写真は9700種類以上の画像があることがわかりました。

グーグルで検索しても見つかるので、是非自分の誕生日で検索して楽しみましょう。

実際に自分が生まれた誕生日の宇宙写真なんてなんか神秘的で素敵ですよね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる