MENU

リンコ(プリキル/PRIKIL)の経歴は?人気や性格についても!



「PRIKIL(プリキル)」のリンコといえば「フープリ」時代からユキノと仲がよく、一緒にデビューしたい!と強く願っていましたよね。

そんな2人が揃ってデビューが決まり、並ぶと可愛さも倍増するリンコ&ユキノ二人の姿をこれからも見れると喜ぶファンも多いようです。

ここでは「PRIKIL(プリキル)」リンコのプロフィールと人気の秘密、性格について紹介します。

\デビューまで新ドキュメンタリースタート!/

目次



「PRIKIL(プリキル)」リンコのプロフィール

名前:RINKO(リンコ)

生年月日:2007年2月11日

出身地:千葉県

身長:157㎝

特技:高音の曲を歌う事

大人っぽい見た目のリンコは現在14歳の中学生3年生で同じグループのユキノ・ウタと同じ年です。

なんとダンス歴は1年と浅いのですが、子供の頃からアイドルのダンスを真似して踊っていたそうでパフォーマンス中も笑顔も多く、仕草にも余裕があり経験の少なさを感じません。

「フープリ」メンバーの中にはダンス経験者が多いにも関わらず、その中で戦い勝ち抜いたリンコは、すごい努力と天性があったのではないでしょうか。

リンコの特技はハイトーンボイスだと公言しているだけあり、グループの中でも重要な役割を任される実力です。

安定した圧倒的な歌唱力はフープリのミッション2「正しくなれない/ずっと真夜中でいいのに」のパフォーマンスでも分かりますよね。

この時は親友ユキノとの対決でしたが、結果はリンコが勝利することとなりました。



「PRIKIL(プリキル)」リンコの人気や性格は?

大人ぽい見た目のリンコですが自身でメンバーの中での担当は「癒しキャラ」だと答え、性格は「マイペース」だと答えるリンコは見た目ともギャップがありますよね。

ファンからも「本当に14歳?」と大人っぽさと可愛さに憧れる同世代も多いようです。

歌やダンスの実力を兼ねそろえ、大人っぽい歌声とクールなダンスを披露しながらも普段の様子は可愛く注目を集めています。

リンコとユキノが揃ってデビューが決まったことをTwitterやSNSで喜ぶファンは多数!

デビュー前からファンが多かったリンコですから、デビュー後はもっと注目を集めるのではないでしょうか。



リンコの「フープリ」ミッションふりかえり

最初のミッションは、ボーイズグループの曲とダンスを1週間で仕上げると言う大変なバトルでしたが、プリンセスチームにいたリンコは「Stray Kids」の「Back Door」が課題曲でした。

評価では「パフォーマンスだけだと残すのが不安、この席を守ってほしい」と厳しい言葉を言われてしまったリンコですがプリンセスチームに残留することができました。

その後チャレンジャーへと降格しますが、ミッション4ではチーム「HANABI」でYOASOBIの「夜に駆ける」をパフォーマンスし。

りょんりょん先生から「4人でデビューしてもいい感じ、特に成長したリンコを褒めたい」と成長を認められ、チームと個人のパフォーマンス総合的に評価されました。

そしてプリンセスーチームに昇格することとなるのですが、ミッション5ではまたチャレンジャーチームに降格することになってしまいます。

しかしミッション6(ファイナル)で「デビュー間違いないのでは?!」と思える自信あふれるパフォーマンスを披露し、見事「プリキル」としてデビューを勝ち取りました。



リンコ(プリキル/PRIKIL)の経歴は?人気や性格についても!まとめ

ダンス経験が1年しかなかったリンコですが、ミッションが進むにつれて歌や表現力をどんどん伸ばし、仲良しのユキノと共にデビューをする夢が叶うこととなりました。

オーディションの段階で大きく成長をした「フープリ」メンバーは、「プリキル」としてこれからどんな顔を見せてくれるか楽しみです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる