「レペゼン地球」裁判結果やその後は?改名の経緯と曲や活動について

今年6月にパワハラ問題&解散で話題となった元「レぺゼン地球」。

グループ名を「 Candy Foxx」に改めてからも、「レペゼン地球」時代からの訴訟問題も抱えてしまっていましたが、その後どうなっているのでしょうか。

結論から言うと、現在のSNSやライブ活動をするときのグループ名は「Repezen Foxx(レペゼンフォックス)」なんですよね。

ん?どういうこと?となってしまいますが、その経緯について、また裁判はどうなっているのか、「レぺゼン地球」のその後・現在の活動について紹介します。

目次

「レぺゼン地球」はその後どうなった?裁判の行方は?

2020年12月26日に故郷である福岡県の福岡PayPayドームで解散ライブを行い、解散した「レぺゼン地球」。

2021年1月に所属事務所から独立して「 Candy Foxx (キャンディーフォックス)」と名を改め再スタートを切りましたが、それから半年後の6月に「レぺゼン地球」解散の本当の理由、所属事務所の共同代表だったH氏と金銭・権利トラブルがあることをリーダーのDJ社長がYouTubeで暴露しています。

その動画がこちら↓↓↓

この動画でDJ社長は、「レぺゼン地球」の解散理由が事務所との金銭トラブルと独立するにあたっての権利問題だったことを告発しています。

「文春オンライン」のインタビューでのDJ社長の主張によると、「メンバーへの給料が30万円しか払われなかった」、「事務所の社長であるH氏に4000万円の使途不明金の疑惑がある」とのこと。

それに対しH氏は「FRYDAYデジタル」の取材に対して、共同経営者のDJ社長にはH氏と同額の報酬を払っていたし、メンバーの給料もDJ社長と話し合って決めていた、と話しています。

そして上の動画が投稿された翌日新たに動画をアップ、自分がH氏に株を預けてしまったことが根本にあると自分の非を認めつつ、新たなグループ名を発表したのです。

それが「Repezen Foxx(レペゼンフォックス)」なのです。

新たな名前を作った理由については、「Candy Foxx」というのは自分たちの認識としては物語(作品)の名前であり、それを名乗って活動をするのは筋が違うという理由からのようです。

それを説明した動画がこちら↓↓

その後H氏とのトラブルがどうなったかというと、事務所との確執を告発したDJ社長でしたが、実際は元の所属事務所からDJ社長が被告として訴訟を起こされているんです。

なぜ訴えられているのかというと、DJ社長が独断で作った会社名義の口座に、今まで会社の口座に振り込まれていたファンクラブの会費などの売り上げを振込先を変更し、そこからさらに自分個人の口座に振り込んでいたって言うんです!

その総額はなんと約1900万円だそうです!

DJ社長は「グッズ制作費や動画制作費などのアーティスト活動に使った」と主張しています。

こちらの裁判は今もまだ判決は出ていないようですが、DJ社長が告訴している裁判は一切ないようです。

本当に使途不明金や給料が不当だという事実があるのなら、自分も訴訟を起こせばいいのになぜそうしないのでしょうか。

「また炎上狙い??」と思われても仕方ないのでは?!

「レぺゼン地球」から「 Candy Foxx 」、そして「Repezen Foxx」での活動

所属事務所から独立して「 Candy Foxx 」として再スタートした「レぺゼン地球」。

その後月に1曲のペースで「 Candy Foxx 」のチャンネルで新曲を公開していました。

しかし、5月に5曲目のシングル『Namaste!! CURRY POLICE』を公開したところ、大炎上!!!

「インド文化やヒンドゥー教をバカにしてる!」と在インド日本国大使館に苦情が殺到し、インド国民を敵に回してしまったようです。

結果、その動画は公式YouTubeチャンネルから削除され、その後、この騒動に対する謝罪文を載せた動画を投稿しています。

この騒動にもめげず、その後の6月と8月にはシングルを発表していて、なんとも強心臓ですね。

再スタートしても炎上騒動を起こすなんて、さすがお騒がせグループ、といった感じでが、それでもYouTube再生回数は300万回以上毎度突破しているので、注目されていることは間違いないようです。

楽曲については「Candy Foxx」のチャンネル、その他の動画については「Repezen Foxx」のチャンネルに投稿しています。

DJ社長が動画で言っていた通り、「Candy Foxx」として一つの物語を作って、SNSなどの活動は 「Repezen Foxx」名義で行っていくということなんでしょう。

「レぺゼン地球」の曲の権利は?

前述した通り、「レぺゼン地球」時代の楽曲の権利も「レぺゼン地球」というグループ名の権利も元の所属事務所にあるようです。

独立した際に権利関係の折り合いがつかず、全部置いてきてしまったような状態のようですね。

今の状況では楽曲の権利を取り戻すことは難しいのかもしれません。

「レペゼン地球」裁判結果やその後は?改名の経緯と曲や活動について まとめ

「レぺゼン地球」の金銭問題に関する裁判はまだ係争中のようで、まだまだ裁判は続くようです。

「Candy Foxx」&「Repezen Foxx」として再スタートしても話題に事欠かないお騒がせグループですが、トラブルが円満に解決するといいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる