MENU

アンタッチャブル柴田元嫁、不倫相手・ファンキー加藤とどうなった?

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】 U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり

アンタッチャブルの柴田さんが『ラヴィット!』の生放送中に再婚を発表し、スタジオ内やSNSで祝福ムードが広がりましたね。

柴田さんというと元奥さんが、柴田さんの友達であるファンキーモンキーベイビーズの加藤さんと不倫をした上に加藤さんとの子供を出産したのが衝撃的でした。

ここではアンタッチャブル柴田さんの元嫁が、不倫相手だったファンキーモンキーベイビーズの加藤さんとその後どうなったのかご紹介します。

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】 U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり
目次

アンタッチャブル柴田元嫁は不倫相手・ファンキー加藤とどうなった?

柴田さんの元奥さんである二見直子さんとファンキーモンキーベイビーズのボーカル加藤さんの不倫が2016年6月『週刊女性』にスクープされました。

お二人の関係は柴田さんと結婚していた2014年から始まっており、2015年に柴田さんが離婚した原因は奥さんのその不倫が原因です。

加藤さんと柴田さんは友人でしたが家族を紹介し合っていなかったため、柴田さんの奥さんだとは思わず誘っていたそう。

不倫というだけでも大きな問題ですが、加藤さんと柴田さんが友人だったという事が衝撃度を増し、話も複雑になりましたよね。

それに二見さんは結婚していることを黙っていたので、加藤さんはまさか友達の奥さんとW不倫しているとは思わなかったそうです。

二見さんは2016年6月に加藤さんとのお子さんを出産、このお子さんについて加藤さんは認知し養育費を支払っていて、加藤さんは奥さんとは離婚せず、二見さんとの関係を終わらせています。

柴田さんの元奥さんが出産した子供

  • 長男:2005年11月28日生まれ(16歳)
  • 長女:2008年3月11日生まれ(13歳)
  • 次女:2016年6月生まれ(6歳)  加藤さんとの子

現在はシングルマザーとして3人のお子さんを育て、親権もすべて二見さんが持っているそうですが養育費をもらっているとはいえ3人のお子さんを育てるのはかなり大変でしょうね。

アンタッチャブル柴田元嫁ってどんな人?

二見直子(ふたみなおこ)

生年月日:1981年5月13日(41歳)*2022年10月現在

元「NO BOTTOM!」のメンバー

アンタッチャブル柴田さんの元奥さんは一時芸能活動をしていた二見直子さんで、2002年に音楽ユニットの「NO BOTTOM!」へ加入し、NAON名義で2004年7月22日にメジャーデビューしていますが10月には脱退しています。

2005年9月に柴田さんとの結婚と妊娠を報告、2005年に男児・2008年に女児を出産しましたが、「好きな人が出来たから別れたい」と奥さんに言われ、離婚しています。

柴田さんとも授かり婚であり、二見さんは結婚してからも独身と偽って合コンに参加していたことから恋愛体質なのかもしれませんね。

素朴な疑問ですが加藤さんと出会った2014年当時、お子さんは9歳と6歳くらいですが誰かに預けて飲みに行っていたのでしょうか。

不倫をしたのは二見さん本人の責任ですが、お子さんを預けられる人が近くにいたり、家を空けやすい環境だった可能性はありますね。

アンタッチャブル柴田の再婚相手は誰?

アンタッチャブルの柴田さんは2022年10月10日に10歳年下で芸能活動歴のある一般女性と再婚し、自身が水曜レギュラーを務めている『ラヴィット!』の生放送中に発表しました。

お相手の細かい情報は明かされていませんが元奥さんと同じ『なおこ』さんという名前で、交際期間はおよそ4年間だったとか。

彼女がいることは柴田さんも以前から明かしていて、一部報道では2022年の年明けに再婚報道が出ていましたが、その時点では結婚は決まっていなかったそうです。

「あざ―っす! 少々ややこしい人生を歩みまして『柴田って結局、今どういう状態なんだっけ??』といじられる事も多かったのですが、完全に結婚しました。これからも皆さんには、良い意味でいじってもらえる、すてきな家庭を築いていきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします」

柴田英嗣さんコメント

アンタッチャブル柴田元嫁、不倫相手・ファンキー加藤とはどうなった?まとめ

アンタッチャブルの柴田さんが2022年10月に4年の交際期間を経て再婚したことを、朝の情報番組『ラヴィット!』で発表しました。

柴田さんの元奥さんは2人のお子さんを出産後、ファンキーモンキーベイビーズの加藤さんと不倫したことで離婚しています。

友人と元嫁の不倫で複雑な気持ちだったと思いますが、柴田さんに幸せになってもらいたいですね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次