MENU

藤井聡太棋士のプロフィールや戦績は?家族構成や学歴は?

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】 U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり

史上最年少でプロ将棋士となった藤井壮太さん。

将棋ブームを巻き起こした藤井さんはどのような幼少期を送っていたのか。

ご家族やご両親はどんな人なのか、プロ生活と学校生活の両立をしているのかなどをお調べしておりますので是非最後までご覧ください。

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】 U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり
目次

藤井聡太棋士のプロフィールや戦績は?

名  前:藤井 聡太

年  齢:20歳(2022.11時点)

生年月日:2002年7月19日

出 身 地:愛知県瀬戸市

史上最年少でプロ棋士入りを果たした藤井聡太棋士はプロ入り後29連勝を果たすという快挙を成し遂げました。

この活躍によりメディアが藤井棋士の試合を取り上げた事で藤井フィーバーが起こり将棋界の人気に火をつけました。

そんな藤井棋士は愛知県瀬戸市に生まれ、5歳の頃から藤井さんのおじいちゃんとおばあちゃんから将棋のルールを教わっていたようです。

藤井さんは瞬く間にルールを覚えていき、将棋を始めてから3ヶ月後にはおじいちゃんが勝てなくなっていたそうです。

その後、将棋教室に通い出した藤井さんは500ページにもなる将棋の戦略などが書かれた書物を理解していきました。

この時藤井さんはまだ5歳。

小学校に上がる手前で読み書きもできない状態なのですが、将棋の図面で理解していったというので、その才能に本当に驚きです。

幼い頃からその才能を遺憾無く発揮していた藤井さんは、14歳2ヶ月という年齢で、プロ棋士入りを果たしました。

この記録は加藤一二三さんが保持していた14歳7ヶ月よりも5ヶ月早く62年ぶりの記録更新となりました。

プロ入り後も凄まじい活躍で、29連勝という偉業の他にも主要タイトルを獲得していき現在では20歳という若さでタイトル獲得10回、一般棋戦優勝回数5回という戦績を誇っています。

この記録をこえる逸材が現れるのか楽しみですね。

家族構成や両親は?

当時中学生ながら29連勝記録を達成し、現在もその記録を保持している藤井壮太棋士はまさに天才という言葉が当てはまります。

その天才をどのように育てたのか気になりますよね。

藤井さんはご両親と4つ上のお兄さんの4人家族で、藤井さんのご両親は特に将棋を行っていたということはなく、ごくごく普通の一般家庭のようです。

お母さんは度々インタビューに登場しており、本人の意志を尊重してやりたいことをやらせてあげていたと答えています。

さらに、藤井棋士が対局の時には朝4時に起きてお弁当を作ってあげるなど、藤井棋士の活動を支えてくれていました。

ご両親はモンテッソーリ教育という思想で藤井棋士に接していたそうで、このことが本人の主体性を生み、高い集中力を養う事に繋がったと言われています。

幼いころからずば抜けた集中力とこだわりを持ち合わせていたようで、4つ上のお兄さんとは正反対の性格だそうです。

特に、数字へのこだわりが強く、どこかに行くにしてもお母さんやお兄さんは大体の時間を想定しているのですが、藤井棋士は1分単位で算出するほどのこだわりを見せていました、

そんな藤井棋士のこだわりを尊重して教育していたからこそ将棋に集中できたのだと思います。

藤井棋士の学歴は?

将棋ブームを巻き起こした藤井棋士は度々最年少というワードでメディアに取り上げられていました。

当時まだ中学生だったのでどんな学校に行っていたのか、進学先はどうなったのか気になる方も多いのでは無いでしょうか。

藤井棋士が通っていたのは名古屋大学教育学部附属中学です。

この中学に在学中にプロ入りを果たし、藤井棋士は義務教育との両立に追われていました。

その後、名古屋大学教育学部附属高等学校に進学することを決断し、プロ棋士と高校生の二足の草鞋を履く生活となりました。

しかし、タイトルを獲得したことで、卒業間近だった2021年1月に高校側と数回話し合いを行ったうえでプロ棋士に専念するとして退学届を提出しました。

そのため、藤井棋士は学歴上では中卒という学歴になります。

藤井聡太棋士のプロフィールや戦績は?家族構成や学歴は?まとめ

藤井棋士は5歳の頃から将棋をはじめ瞬く間に将棋のルールを覚えていきました。

中学生でプロ入りを果たし、2022年11月時点では10個のタイトルを獲得しています。

また、29連勝という記録もいまだに破られていません。

4人家族の次男として、モンテッソーリ教育思想のもと育てられた藤井棋士はまだ20歳なのでこれからのどのようなプロ生活を送るのかとても楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次