MENU

「すずめの戸締まり」の意味とあらすじは?天気の子の続編なの?

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】 U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり

2022年公開予定の新海誠監督最新作の「すずめの戸締まり」は主人公・岩戸鈴芽(いわとすずめ)が不思議な扉の存在を知り、日本各地を旅する物語。

映画のタイトルからはなぜこのタイトルなのか、意味やあらすじが気になります。

また「すずめの戸締まり」は「天気の子」の続編と噂されていて、その理由はなぜなんでしょうか。

ここでは映画「すずめの戸締まり」の意味やあらすじ、天気の子の続編と噂される理由について紹介します。

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】 U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり
目次

「すずめの戸締まり」の意味は?

「すずめの戸締まり」は2022年11月公開予定の新海誠監督の最新作で、松村北斗さんや原菜乃華さんが声優を務めることで話題になっていますね。

「すずめの戸締まり」はタイトルだけを聞くとよく意味が分からず、すずめに関することわざのように聞こえますが、これは映画を一言で表した新海誠監督の造語だそうです。

この映画は主人公の少女・岩戸鈴芽(いわとすずめ)が、旅の青年・草太と出会うところから始まります。

草太が災いをもたらすという扉の“閉じ師”として旅をしていることを知り、あることがきっかけですずめも”戸締りの旅”に出ることに…。

よってタイトル「すずめの戸締まり」の意味は、主人公・すずめが不思議な扉を戸締りするという内容から付いた題名のようです。

「すずめの戸締まり」のあらすじと声優は?

「すずめの戸締まり」あらすじ

九州地方の静かな町で叔母と暮らす17歳の女子高校生、岩戸鈴芽(いわと すずめ)は、ある日「扉」を探す青年、宗像 草太(むなかた そうた)と出会います。

鈴芽が草太の後を追っていくと山の廃屋で古い扉を見つけ、鈴芽は何かに引き寄せられるように扉に手を伸ばしてしました。

すると、草太は扉の向こう側からは災いが訪れてしまうため、扉を閉めて鍵をかける”閉じ師”として旅をしていると打ち明けます。

そんな二人のもとに突如謎の猫・ダイジンが現れ「すずめ すき」「おまえは じゃま」と喋り出した瞬間、草太は椅子に姿を変えられてしまいました。

しかも、その椅子の姿は鈴芽が幼い頃に使っていた脚が一本かけた小さな椅子だったのです!

ダイジンを捕まえるために椅子の姿で走り出す草太、草太を慌てて追いかける鈴芽。

日本各地で次々に開き始める災いをもたらす不思議な扉と、小さな猫のダイジンに導かれて日本全国を巻き込んでいく戸締まりのたび。

旅先での出会いに助けられながらたどり着いた場所で鈴芽を待っていたのは忘れられてしまったある真実でした。

参考:「すずめの戸締まり」公式サイト

新海誠監督は作品での声優選びも楽しみと話されていますが、「すずめの戸締まり」で主役の声優の務めるのは、原 菜乃華さんです。

主人公・すずめが出会う旅の青年・草太役はSixTONESの松村北斗さん、また他にも主要キャラクターの声優は次の方たちです。

岩戸 鈴芽(いわと すずめ)役

声優:原 菜乃華

年齢:19歳(2022.10時点)

略歴:2009年より子役として活躍。

   2016年からはおはガールとしても活躍し、近年では真犯人フラグにも出演しています。今回「すずめの戸締まり」では1700人を超えるオーディションの中から抜擢されました。

宗像 草太(むなかた そうた)役

声優:松村北斗(SixTONES)

年齢:27歳

略歴:2009年にジャニーズ事務所のオーディションを受け、翌日からテレビ出演を果たします。その後、舞台や期間限定ユニットとして活動して2015年にSixTONESを結成します。

・岩戸 環(いわと たまき)・・・すすめの叔母

⇒ 声優:深津絵里

・岡部 稔(おかべ みのる)・・・環の同僚

⇒ 声優:染谷将太

・二ノ宮 ルミ(にのみや るみ)・・・神戸のスナックのママ

⇒ 声優:伊藤沙莉

・海部 千果(あまべ ちか)・・・すずめが愛媛で出会う少女

⇒ 声優:花瀬琴音

・岩戸 椿芽(いわと つばめ)・・・すずめの母

⇒ 声優:花澤香菜

・宗像 羊朗(むなかた ひつじろう)・・・草太の祖父

⇒ 声優:松本白鸚

猫のダイジンだけ声優が未発表のままなので、誰が務めるのかが気になるところですね。

「すずめの戸締まり」は天気の子の続編なの?

「すずめの戸締まり」は公開前から「天気の子」の続編なのではないかと噂されていて、天気の子は2019年に公開された新海誠監督の1つ前の作品です。

その公開順も、噂される要因なのかもしれませんが、天気の子は、離島から東京に家出してきた少年・帆高と、“祈るだけで晴れにできる“力を持つ少女・陽菜が出会い、運命に翻弄されながらも自らの生き方を「選択」していく物語。

「天気」と「空」をテーマに描いた物語が「天気の子」で、「景色」と「災害」を描いた作品が「すずめの戸締まり」なので、「天気の子」と「すずめの戸締まり」の世界観に共通点があるようにも感じますね。

また、少年少女がメインキャラクターであること、似た世界観を持つストーリーであるころ、またキービジュアルが同一世界を描いているように見えることから、2つの作品は繋がっているのではないかと噂されました。

しかし、「すずめの戸締まり」は「天気の子」の続編ではないようで、新海監督はインタビューで次のように話されています。

「過去作との関連性はあるのか?」と問われた監督は、「3作品に直接的な繋がりがあるのかどうかはですね…、アベンジャーズ的なことを期待するファンがいることを知ってはいるのですが…」と苦笑い。続けて「そんなには直接、繋がってはいないです。過去のキャラクターが出てくるかどうかは、ちょっとわからないという…伏せさせていただきたいのですが、別に世界線は繋がっていない新しい物語です」

引用:ORICON NEWS

深海監督は「すずめの戸締まり」は「天気の子」の続編ではなく、新しい物語と明言していますが、少し含みがあるようにも感じるため、実際の作品で確かめてみたいですね。

「すずめの戸締まり」の意味とあらすじは?天気の子の続編なの?まとめ”

「すずめの戸締まり」は主人公岩戸鈴芽が災いをもたらす扉を”閉じ師”と活動している青年・宗像草太と、扉を閉じていくストーリーを表現した題名です。

世界観やキービジュアルが似ていることから天気の子の続編なのではないかと噂されていましたが、新海誠監督から続編ではないと発表されています。

しかしインタビューの中では過去作品との繋がりを示唆するような発言もあり、実際のところが気になりますね。

最後までお読み頂きありがとうございました!

  • URLをコピーしました!
目次