MENU

滝沢秀明副社長がジャニーズ事務所を電撃退社!退社理由や確執の真相を調査!

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】 U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり

滝沢秀明副社長といえば、元々はジャニーズアイドルとして大活躍していたイケメンでした。

故ジャニー喜多川さんからの依頼を受けて、現役アイドルから裏方に回り、ジャニーズタレント育成の立場になりSnow ManやSixTONESのデビューなどに大きく関わり、大成功を収めた手腕を認められていました。

そんな滝沢秀明副社長が電撃退社ということで、真相が気になりますよね。

今回は滝沢秀明副社長の電撃退社の理由、また噂されている確執についてもご紹介しましょう。

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】 U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり
目次

滝沢秀明副社長の電撃退社までの経緯は?

滝沢秀明副社長が電撃退社ということで、ジャニーズ事務所激震と言われています。

いきなりの退社報道で、本当にビックリした人も多いのではないでしょうか?

2022年10月31日付けで退社したことが分かったと言う事ですが、まさに寝耳に水の状態ですね。

滝沢さんは前社長ジャニー喜多川さんの後継者として、若手のプロデュースに注力するため、2017年末からタレントを引退して活動していました。

それこそジャニーズ事務所の副社長、そしてジャニーズJr.を育成する関連会社・ジャニーズアイランドの社長も兼任してたんですけどね。

それが今年の9月中旬に退社を申し入れていて、今回の発表になったようです。

ジャニーズ事務所としては留意したが、本人の意思が硬く9月26日に役員会で承認されて、退社になったということ。

退社理由についてはジャニーズ事務所として「本人がいないので代弁することは出来ません」としています。

また、滝沢さんからのコメント発表や会見の予定もないということで、退社理由に付いては明らかにされていないというのが現状ですね。

退社の真相①ジャニーズ事務所内での確執

滝沢秀明さんが自ら発言する事はないようですし、会見も無いということなので、退社の真相はわかりません。

しかし色々と噂がありますので、そちらについてご紹介しましょう。

まず言われているのが、ジャニーズ事務所内での確執ですね。

2019年7月に亡くなったジャニー喜多川さんには、可愛がられていた滝沢さんですが、現在のジャニーズ事務所の社長である藤島ジュリー景子社長との関係はあまり良くなかったのではないかと言われています。

藤島ジュリー景子社長はジャニー喜多川さんのお姉さんである、メリー喜多川さんの娘ですね。

その社長である藤島ジュリー景子さんと確執があったからこそ、退社したという噂もあります。

この返に関しては、実際は分かりませんけどね。

それでも滝沢さんが目立つような事はきっと藤島ジュリー景子さんは気に入らなかったと思いますよ。

現在は女帝のような感じでジャニーズ事務所を牽引しているのが現状でしょう。

それこそ、誰も逆らえないのではないでしょうか?

退社の真相②新事務所設立の噂

他に退社の真相といいうか、噂ですが、新事務所設立という話もあるようです。

滝沢さんは若手のジャニーズタレントからとても慕われているということで、もしかするとジャニーズJr.や若手の人気アイドル達を引き連れて、新しい事務所を開設するのかもしれません。

とはいえ、それはそれでとてもハードルが高いと思いますけどね。

ジャニーズ事務所を辞めた人達は結構干されてますし、なかなかテレビ出演も難しいと言われています。

ということで、こちらの退社の理由は微妙ってところ正直な感想です。

他にも、芸能界に復帰するなんていうのもありますが、それは無いかなって個人的に思います。

一番考えられるのは、Snow ManやSixTONESなどがデビューし、一区切り付いたことで新たな道へ進もうと考えたと言う事じゃないでしょうか?

40歳になり、また新たなステージで活躍したいと思ったのかもしれません。

いずれにせよ、会見や発言もなしにサヨナラされるのは哀しいですけどね。

滝沢副社長の電撃退社の理由と真相についてまとめ

滝沢副社長の電撃退社の理由は色々と噂があります。

真相についても本人の口から発言がないので、どれも憶測にすぎませんね。

それでも、ジャニーズ事務所の副社長として尽力していたのは間違いないですし、Snow ManやSixTONES、そしてTravis Japanも世界デビューということで、その手腕は大いに発揮されたという事でしょう。

今後もどこかで、滝沢秀明さんのプロデュース力を見たいですけどね。

っていうか裏方じゃなくてやっぱり表舞台に戻ってきて欲しいと思いますよ。

今後の事はわかりませんが、自分の信じた道を進んで欲しいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次