MENU

THE ORIGINの審査方法と視聴者投票は?デビューは何人?



3月19日(土)より放送がスタートするオーディション「THE ORIGIN」は、韓国のKakaoエンターテインメントとソニーミュージックソリューションズが投資して行われるビッグプロジェクトです!

このオーディションに懸ける期待は大きく、類を見ない”バランスサバイバルオーディション”として紹介されています。

この「THE ORIGIN」の審査方法はどういった基準があるのか、視聴者投票の有無について、またデビューする人数について紹介します。

目次



「THE ORIGIN」の審査方法と視聴者投票は?

”バランスサバイバルオーディション”である「THE ORIGIN」の審査方法、ミッションはどういったものなのでしょうか。

観客112名とK-POP界の大物たちによる”バランサー”と呼ばれる5人の審査員が参加し、オーディションはスタートしました。

選択ゲームを行い、最後まで生き残った人がデビューとなると説明され、チームAとチームBに分かれてステージを3回披露し、勝ったチームは全員が生き残り負けたチームから脱落者が出るようです。

審査基準は”バランサー”によって異なり、パフォーマンス・歌唱力・ダンス・ステージを楽しめているかなどの要素をもって判断されるようです。

チームAかチームB、どちらのステージが素晴らしかったかは観客によって選ばれます。

「THE ORIGIN」視聴者投票は?

第一話の配信後発表された視聴者投票、この投票で審査が決まるわけではないようですが、一位に選ばれたメンバーのスペシャルコンテンツが公開されるようです!

投票できるのは1日3回まで、投票期間は3月19日〜22日までの4日間です。

「THE ORIGIN」最初(1ラウンド)の審査チームメンバーと課題曲は?ネタバレあり!

最初の審査は2ラウンドに分かれて審査され、最終的に1人が脱落するという内容!

チームA6人とチームB7人に分けられたメンバーはバランサーによって、エース脱落候補となるデスが選ばれます。

チームAの一番人気のメンバーはソク・ラグウォンのようで、かなりのファンがすでにいるようですね。

・チームAメンバー:ドンファ・ラクウォン・ジュンミン・ジヌク・ビン・ジェフン

・チームAの課題曲:BTS「MIC Drop」

→エース:リュ・ジュンミン

→デス:ウォン・ビン

チームBはレッスン時から厳しい指導もあったようですが、オ・ジュンソクがリーダーとなりチームを引っ張り、「デビュー後のステージのよう」と高評価でした。

チームBメンバー:ジュンソク・スンファン・ヨンギュ・デヒョン・ジュノ・ミンソ・ヒュンジュン

・チームBの課題曲:ATEEZ「HALA HALA」

→エース:オ・ジュンソク

→デス:カン・デヒョン

1ラウンドめのステージで勝利したのは”チームB”となりましたが、勝敗は2ラウンドで決定されるのでまだ脱落者は出ていません。



「THE ORIGIN」からデビューするのは何人グループ?合格人数は?

番組告知では参加メンバー13人についての情報は発表されましたが、デビューは何人なのか、何人合格となるのかについては告知はありませんでした。

1話の放送でも最終的にデビューとなるメンバーの人数は発表されず、1回めの審査で1人の脱落者が出るということだけでした。

各回に脱落する人数は異なると予想できますので、情報が入り次第お知らせしていきます。



「THE ORIGIN」の審査員は誰?

「THE ORIGIN」の審査にはバランサーと呼ばれる5人(男性3名・女性2名)の審査員が見まもる中行われています。

バランサーたちはダンス・歌・パフォーマンスのプロであり、有名グループのメンバーもいるようです。

初回の放送で見る限りバランサーの皆さんは他のオーディションと比べると審査員としてはソフトで、参加メンバーも他のオーディションに比べるとリラックスしている印象を持ちました。



THE ORIGINの審査方法と視聴者投票は?デビューは何人?まとめ

ここではオーディション「THE ORIGIN」の審査方法や視聴者投票、デビュー人数について紹介してきました。

番組「THE ORIGIN-A,B or What?」はスタートしたばかり、これから新たな情報が入り明らかになることも多いでしょう。

情報は随時更新していきたいと思います。

ご覧いただき、ありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる