MENU

冨田せな、脳挫傷事故とその後は?恐怖心はなかったの?



北京オリンピックで2回目となる五輪出場となるスノーボード・ハーフパイプの冨田せな選手。

せな選手は平昌オリンピック出場後の2019年のワールドカップ初戦で転倒し、脳挫傷という大きなケガを負っています。

普通ならもうスノーボードを続けることも怖くなってしまいそうですが、その後見事復活を遂げ、2022年の北京オリンピックには妹・るきさんと姉妹共に出場が決定しました。

ここではそんな冨田せな選手の脳挫傷事故についてと、その後復活された経緯について紹介します。

目次



スノーボード・ハーフパイプ/冨田せなの脳挫傷事故について

スノーボードのハーフパイプはテレビで見ていてもドキドキするほどで、技の難易度や完成度で競うかっこいいスポーツですよね。

そんなスノーボード・ハーフパイプの選手である冨田せな選手ですが、2019年のシーズン2戦目となる中国でのワールドカップの決勝を前にした公開練習で転倒されました。

2019年12月22日の出来事ですが、「脳挫傷」と診断され大会を棄権することになってしましました。

中国から日本に帰国して精密検査をしたところ「びまん性軸索損傷」という診断され、簡単に説明すると、”脳が強く揺れたことにより、脳細胞が壊死して意識消失が起きてしまう”症状があります。

ニュースでも度々取り上げられていた”小さい子供をあやす時に振動を与えすぎて起こる”「揺さぶられっ子症候群」と同じような症状なんだそうですが、3ヶ月安静を余儀なくされました。

冨田せな選手も当時の事故の記憶は無いようですが、シーズン真っ最中に大事な大会を棄権することになりましたし、その後療養も必要だったことから、ライバルやチームメイトには置いて行かれるような気持ちになったそうです。



冨田せなのケガ後の復活と恐怖心について

2020年の12月下旬に怪我をして3ヶ月の安静という結果になった冨田せな選手ですが、予定通り3活下旬に復帰出来るほどに回復!

普通に考えるとそれまでずっとやってきたスノーボードを三ヶ月もできず、また大きなケガを負った直後ですから恐怖心もあると思いますが、いざやってみると不思議と不安な気持ちは消えていたそうです。

恐怖心も空中に飛んだ時の気持ち良さが勝っていたというんですから凄いですよね。

このメンタルの強さが復活への一番の強みだったと思いますし、ブランクを埋める並々ならぬ努力をされたことでしょう。

退会に出場して、もし他のライバルと比べて「自分がダメだったら辞めてしまおう」とも考えたこともあったようですが、見事に復活を遂げています。

今シーズンも2022年1月22日にアメリカで行われた「Xゲーム」でも初優勝を飾り、北京オリンピックへ向けて順調な滑り出しを見せていますよ。



冨田せな&妹・冨田るきの経歴

  • 名前:富田せな(とみたせな)*写真右
  • 生年月日:1999年10月5日
  • 出身:新潟県妙高市
  • 出身高校:開志国際高等学校
  • 身長:160センチ

冨田せな選手はスノーボード好きだったお父様の影響で3歳からスノーボードを始め、中学1年生の時に日本スノーボード協会公認プロ資格を取得しています。

2018年、せな選手が高校3年生の時に行われた「平昌オリンピック」の日本代表として出場し、決勝で8位入賞されました。

2018年・2019年の「全日本選手権大会・ハーフパイプ」でも連覇し、ワールドカップ表彰台には18年大会の2位、19年は3位という成績を残しています。

2019年に全日本ウィンタースポーツ専門学校を卒業しています。

  • 名前:冨田るき(とみたるき)*写真左
  • 生年月日:2001年12月28日
  • 出身地:新潟県妙高市
  • 身長:158センチ

3才でスノーボードを始め、小学6年生でプロ資格を取得した冨田るき選手。

2017年に全日本スキー連盟強化指定選手になっています。

2018年、「新潟妙高はね国民体育大会」高校生の部で優勝し、2019年の「FASスノーボードジャパンカップ」、「World Rookie Tour Finals」でも優勝をはたしています。

2022年1月9日に行われたW杯第二戦では初優勝を飾り、3位だった姉のせな選手と共に表彰台にのぼっています!

昨春からは姉・せな選手と同じ全日本ウィンタースポーツ専門学校へ進学されており、姉妹はとても仲が良いようですが、”絶対に負けたくないライバル”と話されています。

姉妹揃って北京五輪への出場され、お二人揃って表彰台に立つ姿を見てみたいですね。



冨田せな、脳挫傷事故とその後は?恐怖心はなかったの?まとめ

冨田せな選手は2018年の平昌オリンピック後、脳挫傷を診断される大きな事故に遭われましたが、恐怖心よりもスノーボードが好きという気持ちが勝り、見事復活しています。

妹のるきさんも北京五輪への出場が決定していて、姉妹同時表彰台も多きに期待出来る姉妹ですよね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる