MENU

フーイズプリンセス(フープリ)審査結果ふりかえり!課題曲や脱落メンバーも!

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】 U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり

デビューメンバーが決定!グループ名も発表に!ネタバレあり!

日テレ「シューイチ」で放送されている「Who is Princess?(フープリ)」、2021年10月からスタートしたこのオーディションは2022年デビューを目指すガールズグループメンバー選出オーディションです。

ついに最終結果・デビューメンバーが発表になりました!最終結果はこちら↓↓↓

15名の参加者でスタートしたこのオーディションは最終ミッションには10名が挑むことになりました。

ここまでの各メンバーの審査結果をふりかえりながら、審査内容・課題曲をふりかえり紹介します。

\完全無料で始められ、お試し2週間以内に解約でも違約金なし!/

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】 U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり
目次

「Who is Princess?(フープリ)」ファイナルミッションの課題曲とチーム分け

フープリ・ファイナルミッションは プロデューサー・GALACTIKA* が制作したオリジナル楽曲2曲での審査、チーム分けはチャレンジャーとプリンセスに分かれての審査となります。

現時点ではファイナルステージの1曲目「FUN」のパフォーマンスが終わったところで、次は「SOMEBODY」の審査となります。

ファイナルステージの審査内容は最終メンバー記事に載せていますので、ご覧ください↓↓↓

「Who is Princess?(フープリ)」セミファイナル・ミッション5の課題曲とチーム分け&評価ふりかえり!

セミファイナルとなるミッション5は「ガールズグループ・パフォーマンスバトル」、K-POPを代表する楽曲が課題曲となっています。

ここで脱落してしまうメンバーは12人中2人、プリンセス組vsチャレンジャー組での対決になります。

チーム課題曲メンバー
プリンセスWANNABE/ITZYユメコ・ナナ・リンコ・ユウ・ニジカ・ホノカ
チャレンジャーHow You Like That/BLACKPINKリン・アイナ・ユキノ・リオ・ラン・ウタ

○チャレンジャー組のパフォーマンス

レッスン序盤では各々の主張が強くチームワークを感じられないチャレンジャー組でしたが、ダンスレッスンでもまとまりの無さを指摘されていました。

ぶつかることも多かった中、徐々にメンバーの話を聞くことをお互い意識し、最終的にはまとまりを見せウンギョン先生からもOKサインをもらって本番に臨む形となりました。

審査後の評価は・・・

プロデューサー・GALACTIKA*からの評価・・・BLACKPINKのディテールがうまく再現できていた。自然(なパフォーマンス)で自分のことをよく分かっていると感じた

ボーカル・キムソンウン先生からの評価・・・ウタのAメロに続く集中力、リンの魅力と可能性を感じた。ラップ部分(ランとアイナが担当)は残念だった

ダンス・ウンギョン先生からの評価・・・とてもよく頑張ってくれた。短所を見つけられないくらい良いパフォーマンスを見せてくれて本当に成長したと思う。6人の中では特にウタのパフォーマンスには確信があったし、自信もあり輝いていた。

○プリンセス組のパフォーマンス

レッスン中も厳しい言葉をかけられることもなく、安定して成長し続けたプリンセス組のメンバー。

ダンスの実力が高いメンバーの中で遅れをとるユウを全員でサポートし、それぞれが足りない部分を補いながら前向きに審査までの工程を進めた形でした。

審査後の評価は・・・

プロデューサー・GALACTIKA*からの評価・・・ ホノカのバースの声がとてもよかった。ユメコもボーカルでポイントをしっかり入れていて、プリンセス組のイメージを上手く植え付けているように感じた。グルーブ面では少し残念だったが、その短所を上書きできるほど原曲の歌手が思い出せないくらい自分たちのものに出来ていて、ステージを作っていた。

ボーカル・キムソンウン先生からの評価・・・ 練習生だと信じられないくらい余裕があったし、エネルギーに溢れていた。自分のパートで存在感を見せるのがすごく上手かった。今まで見てきた練習生の中でベスト5に入る印象深いステージだった。

ダンス・ウンギョン先生からの評価・・・ プリンセスらしいステージで素晴らしかった。ステージを楽しめる力が生まれたんじゃないかと思う。みなさんの成長を証明してくれた。ユメコはリーダーとして上手くやっているし、ユメコのエネルギーを見てみんな、ユメコみたいにダンスを踊りたいという気持ちにさせてくれる。ホノカは高いテンションでしっかり力を入れて素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。安定したパフォーマンスとボーカルが輝いた日だった。

ミッション5後のチーム分け

チームメンバー
プリンセスユメコ・ホノカ・ウタ・リオ・リン
チャレンジャーリンコ・ユウ・ナナ・ニジカ・ユキノ

ミッション5で脱落メンバーへ審査員(ウンギョン先生)からのコメント

アイナ・・・この中でいちばん長い練習生活を送っていて一番たくさん愛情を持っている子の一人。すごくよく頑張って来てリーダーとしての役割も果たしてくれた。一段階上に成長できる形がまだあると思うので、今日の選択を後悔するような未来を作ってほしい。

ラン・・・ランは今成長している、でも今すぐデビューすつとなると少し難しい。最初に見た姿から比べると想像もできなかったくらい成長している。ランがプロとしてステージに立つ姿を必ず見たいと思う。

「Who is Princess?(フープリ)」ミッション4の課題曲とチーム分け&評価ふりかえり!

ミッション4はプリンセス組とチャレンジャー組関係なく分けられた3チームで「J-POPの名曲にK-POP流のオリジナルダンスでパフォーマンス」するというミッション!

上位2チームのメンバーは全員次の審査に進むことができ、3位・最下位となったチームから1人の脱落者が出ます。

チーム分けはこちら↓(♡はプリンセス組)

チーム名メンバー課題曲
HANABI♡ナナ・♡ニジカ・リンコ・ユキノ夜に駆ける/YOASOBI
Destiny♡リオ・♡ココ・アイナ・ユウ・ホノカPretender/official髭男dism
血華儚咲♡ラン・♡ウタ・ユメコ・リン紅蓮華/LISA

○チームHANABIのパフォーマンス

歌のレッスンの時は全員りょんりょん先生からみっちり指導されていたチームHANABIのメンバーでしたが、先生からの課題をこなしていった様子。

ダンスについては3チームの中で一番ウンギョン先生の顔が明るかったチームでした。

審査後の評価は・・・

ダンス:チームワークがとてもよかったし、一人一人の良いところを見せられていたステージだった。いつもダンスの前に曲を理解するように言っているがそれを実践していた。このまま可能性をみせてくれたらと思う。

歌:もう4人でデビューしたら?という感じ。みんなが成長していた。

チーム順位結果:1位

○ チームDestinyのパフォーマンス

「切ない感情を見ている人に感じさせることが重要」とされていたチームDestiny。

歌のレッスンではアイナが「勘が悪い」とかなり厳しい言葉を言われていましたし、ダンスでは一番ダンスが苦手なユウをチーム全員でサポートしていないことがチームワークに欠けると指摘されていました。

審査後の評価は・・・

ダンス:この曲は悲しさだったり、もどかしさを表現してほしかったが、感じられなかった。チームワークも感じなかったし、何を見せたいのか分からなかった。

歌:切なさを出すのはすごく難しいけど、歌の観点からすると表情・抑揚・歌唱は全部セット。

チーム順位結果:3位(脱落者・ココ)

ココの評価・・・現時点で歌やダンスが上手い人ではなく伸びしろを見ている、それを見せてくれた人の勝ち。ここ1か月成長を感じられなかったし、自信を持ったステージをずっと見ていない。でも才能を持っているすごい人だから、歌手とう夢を叶えてほしい。

○チーム血華儚咲のパフォーマンス

「ダンスが一番難しい曲で最初から最後まで息をつく暇もない」とされていたチーム血華儚咲の課題曲「紅蓮華」。

歌についてもりょんりょん先生は「紅蓮華」を歌うLISAさんのボーカルの先生であることから、厳しいレッスンを受けていました。

審査後の評価は・・・

ダンス:最初の一週間はこのチームは諦めないといけないと思った。今日のステージは100点満点中80点。チームワークをもってお互いに励まし合ってやってきたことを感じられたのはよかった。良かったと思うけど最高のステージとは言えない。

歌:ほぼ全員がうまくなってる。

チーム順位:2位

「Who is Princess?(フープリ)」ミッション2の課題曲とチーム分け&評価ふりかえり

ミッション2はソロボーカルバトル&ソロダンスバトル、プリンセス組とチャレンジャー組から1名ずつ対決するバトル形式です。

パフォーマンス次第でチーム分けの入替えが行われ、チャレンジャー組になったメンバーの中から一人だ脱落となります。

メンバーボーカル課題曲ダンス課題曲
ユメコvsウタ夜永唄/神はサイコロを振らないHard Carry/GOT7
リオvsホノカただ君に晴れ/ヨルシカさよならひとり/TAEMIN
リンコvsユキノ正しくなれない/ずっと夜中でいいのにLATATA/(G)I-DLE
アイナvsココStrage Clouds/B.O.BHIP/MAMAMOO
ニジカvsリンカ花に亡霊/ヨルシカI CAN’T STOP ME
リンvsラン24-25/iriNot Shy/ITZY
ナナvsユウsnow jam/Rin音SHINE/PENTAGON

\完全無料で始められ、お試し2週間以内に解約でも違約金なし!/

「Who is Princess?(フープリ)」ミッション1の課題曲と評価ふりかえり

プリンセス・チャレンジャー組に分かれ「ボーイズグループダンスバトル」がミッション1の審査となりました。

パフォーマンスの表現力の幅をチェックされ、「美しくクールなダンスができること」を元に、①チームワーク、②表現力、③コピー能力がチェックされました。

課題曲曲の特徴
PrincessStray Kids「Back Door」ダイレクトな振り付け・ハイレベルなフォーメーション・攻め続けるパフォーマンス
ChallengerNCT127「Kick It」ブルースリーを意識した振り付け・個性があるクールでパワフルなパフォーマンス

「Who is Princess?」メンバーのプロフィールとチーム分け・評価ふりかえり

最終ミッション脱落メンバー

ユメコ(18)

年齢:18歳

出身:東京都

ダンス歴:11年

アピールポイント:大きく踊ることが得意

ミッション④の評価:チームから唯一プリンセス組へ
歌:大事な所2か所で目をつぶったのが残念。
⇒プリンセス組へ
ミッション③⇒チャレンジャー組へ
ミッション②の評価
ボーカル:緊張して声が出ていなかった。教えられたことを実践できていない。
ダンス:100点満点をあげたい。パーフェクトなステージだった。性格的な面でもプロの姿を見せてくれた。
⇒プリンセス組へ
ミッション①の評価
ユメコは信頼を積み重ねていくメンバー。その位置を維持するのは大きなストレスになることもなるだろうけど勝ち抜けると信じている。
⇒プリンセス組へ
スタート時:プリンセス組

リオ(17)

年齢:17歳

出身:福島県

ダンス歴:11年

アピールポイント:パワフルで個性のあるダンス

ミッション④の評価
⇒チャレンジャー組へ
ミッション③⇒プリンセス組へ
ミッション②の評価
ボーカル:レッスンで練習したことが出来ていた。でもサビは棒立ちだったし、抑揚が足りなかった。
ダンス:リオに合った曲だと思っていたけど少し残念だった。後半になるにつれ集中力が切れていた。
⇒チャレンジャー組へ
ミッション①の評価
リオのパフォーマンスはいつも感動をくれる。悩みも多いと思うけどやりたい気持ちの方が強いと思うので、この席を守り続けてほしい。
⇒プリンセス組へ
スタート時:プリンセス組

\テレビでは放送されない完全版が見れる!/

ホノカ(16)

年齢:16歳

出身:埼玉県

ダンス歴:2年

アピールポイント:キレのあるダンス

ミッション④の評価
ダンス:ホノカは自分が歌手だと思っているようだった。
⇒プリンセス組へ
ミッション③⇒チャレンジャー組
ミッション②の評価
ボーカル:明るくのびやかで安定感がある。いつものまま先生の言ったことができていた。
ダンス:本番に強い。練習の時に見られなかった集中力と表現力が発揮できていた。
⇒プリンセス組へ
ミッション①の評価
足りない部分ができるようになれば、完璧なアーティストになれる。
⇒チャレンジャー組へ
スタート時:チャレンジャー組

ユウ(17)

年齢:17歳

出身:埼玉県

ダンス歴:4年

アピールポイント:しなやかに踊るのが得意・ミュージカル経験あり

ミッション④の評価
⇒チャレンジャー組へ
ミッション③⇒チャレンジャー組
ミッション②の評価
ボーカル:声はすごくキレイな声で心地いい。でも表現力もお腹のさかり、滑舌もまだちょっと弱い。
ダンス:いつも自信をもってパフォーマンスするように言ってるけど、今日のステージでは感じられなかった。スケールがすごく小さかった。
⇒チャレンジャー組へ
ミッション①の評価
すごく期待している。美しくてカッコイイことをなぜ自分が認められないのか。自分の美しさに早く気づいて。
⇒チャレンジャー組へ
スタート時:チャレンジャー組

ニジカ(16)

年齢:16歳

出身:福岡県

ダンス歴:9年

アピールポイント:表現力

ミッション④の評価
歌:細い声だったのに低音から安定してスタートできていた。
⇒プリンセス組へ
ミッション③⇒プリンセス組
ミッション②の評価
ボーカル:表現は小さいが頑張っていた。いつも自分を責めるのはやめて。
ダンス:まだ上手くなっている途中。努力してきたのは分かる。
⇒プリンセス組へ
ミッション①の評価

良い姿と悪い姿に一番差がある。まだ信用できていない。
⇒プリンセス組へ
スタート時:プリンセス組

「PRIKIL」デビューメンバー

ナナ(14)

年齢:14歳

出身:東京都

ダンス歴:9年

アピールポイント:体が柔らかい

ミッション④
ボーカル:声量とキレの違いが出せていないのが惜しかった。表情も足りない。
⇒プリンセス組へ
ミッション③⇒プリンセス組
ミッション②の評価
ボーカル:めちゃくちゃ練習してきたのが分かった。表現力を付けてきた。
ダンス:ナナが今日のスターだと言いたい。余裕もあったし演技力もよかった。
⇒プリンセス組へ
ミッション①の評価
ライブで成熟した表現力とパフォーマンスを持っている。もっとかっこよくなるはず。
⇒プリンセス組へ
スタート時:プリンセス組

ウタ(14)

年齢:14歳

出身:大阪府

ダンス歴:1年

アピールポイント:バレエ経験者

ミッション④の評価
⇒チャレンジャー組へ
ミッション③⇒プリンセス組へ
ミッション②の評価
ボーカル:滑舌の練習の成果が出ていた。体と表情で作り上げてサビが盛り上がっていた。
ダンス:一言も称賛してあげたくないくらい残念。
⇒チャレンジャー組へ
ミッション①の評価
初めて見た時を考えるとすごく成長している。期待している。
⇒チャレンジャー組へ
スタート時:Princess組

リンコ(14)

年齢:14歳

出身:千葉県

ダンス歴:1年

アピールポイント:表情に自信あり

ミッション④の評価
歌:リンコの強い声がフレーズによって変化をつけられていた。
⇒プリンセス組へ
ミッション③⇒チャレンジャー
ミッション②の評価
ボーカル:指摘されたことが改善されていなかった。歌詞が入って来ない。ピッチはよかった。
ダンス:まだ足りない部分はあるけれど、もっと成長すると思う。
⇒プリンセス組へ
ミッション①の評価
プリンセス組に残すか迷った。他に悔しい思いをした人のために実力を証明してほしい。
⇒プリンセス組へ
スタート時:プリンセス組

ユキノ(14)

年齢:14才

出身:京都府

ダンス歴:5年

アピールポイント:エネルギッシュなダンス

ミッション④の評価
⇒チャレンジャー組へ
ミッション③⇒チャレンジャー組
ミッション②の評価
ボーカル:ピッチがまだ不安定
ダンス:エネルギッシュですごくカッコよかった。
⇒チャレンジャー組へ
ミッション①の評価
すごく成長しているし、何をやってもできる子。一生懸命ではなくカッコイイ姿が見たい。
⇒チャレンジャー組へ
スタート時:チャレンジャー組

リン(13)

年齢:13歳

出身:福岡県

ダンス歴:8年

アピールポイント:オリジナリティ

ミッション④の評価
ボーカル:せっかくよいパートをもらっていたのに勿体なかった。
ダンス:これまでと違うリンのダンスを見せてと言っていたが見ることができなかった。
⇒チャレンジャー組へ
ミッション③⇒チャレンジャー組
ミッション②の評価
ボーカル:少し口を開いて歌えたことはよかった。
ダンス:13歳とは思えない筋力と余裕を持っている。自分の才能に満足して止まらず、色んな人に認められるアーティストになるよう祈ってる。
⇒プリンセス組へ
ミッション①の評価
長所をもっと大きくできるように頑張りましょう。
⇒プリンセス組へ
スタート時:チャンレンジャー組

最終ミッションまでに脱落したメンバー

アイナ(18)

年齢:18歳

出身:大阪府

ダンス歴:13年

アピールポイント:振り覚えが早くクセなく踊れる・バックダンサー経験あり

ミッション④の評価
⇒チャレンジャー組へ
ミッション③⇒チャレンジャー組
ミッション②の評価
ボーカル:下を向き過ぎだが、体の動きも付いて滑舌もよくなっていた。
ダンス:すごく努力してきたことは分かるが、この子の魅力はどこにあるのだろうと思ってしまった。スター性をもっと研究しないといけない。
⇒チャレンジャー組へ
ミッション①の評価
デビューする資格があるカッコイイ姿を必ず見せて。
⇒プリンセス組へ
スタート時:チャレンジャー組

\完全無料で始められ、お試し2週間以内に解約でも違約金なし!/

ココ(17)

年齢:17歳

出身:埼玉県

ダンス歴:1年

アピールポイント:表情や雰囲気を出すのが得意

ミッション④の評価
⇒脱落
ミッション③⇒プリンセス組
ミッション②の評価
ボーカル:表情が2つくらいしかない。顔立ちをもっと生かして。
ダンス:自信と余裕があるカッコイイステージだった。これからもっと期待できる。
⇒プリンセス組へ
ミッション①の評価
ココほど成長が早い子を始めて見た。言葉より行動する子。先生がいつも言っていることを実践して。⇒チャレンジャー組へ
スタート時:チャレンジャー組

ラン(14)

年齢:14歳

出身:埼玉県

ダンス歴:2年

ポイント:コピーではなく自分のダンスができるようになりたい

ミッション④の評価
⇒チャレンジャー組へ
ミッション③⇒プリンセス組
ミッション②の評価
ボーカル:練習の時は(立ち姿を変えなけれな行けなかったせいで)表現も何も教えられなったけど、練習より10倍くらいよくなってる。
ダンス:成長した。毎日泣くほど怒ってきたけど可能性はある。
⇒チャレンジャー組へ
ミッション①の評価
才能だけではアーティストになれない。成長した姿を見せて。
⇒チャレンジャー組へ
スタート時:チャレンジャー組

リンカ(19)

年齢:19歳

出身:熊本県

ダンス歴:2年

ポイント:IUに憧れている

ミッション②の評価
ボーカル:フレーズの語尾を丁寧にと何度も言ったのに出来ていない。
ダンス:良くも悪くもなり。自信だけあって練習はしない。
⇒チャレンジャー組へ(脱落)
ミッション①の評価
十分に資格はある。目の前のチャンスを掴んでほしい。
⇒チャレンジャー組へ

\テレビでは放送されない完全版が見れる!/

セナ(13)

年齢:13歳

出身:東京都

ダンス歴:4年

アピールポイント:えくぼ

ミッション①の評価
誰にでも重要な役割を与えるわけではない。セナの運動神経と度胸で十分にパートを消化できると思っていた。実力はあるが、すぐにデビューするメンバーとしては難しい。いつか本当にかっこいいアーティストになって夢を叶えると信じている。⇒脱落
スタート時:チャレンジャー組

\テレビでは放送されない完全版が見れる!/

フーイズプリンセス(フープリ)審査結果ふりかえり!課題曲や脱落メンバーも!まとめ

ここでは「Who is Princess?」のメンバー紹介とミッション内容と課題曲、審査審査結果について紹介してきました。

毎回プリンセス組とチャレンジャー組のメンバーのシャッフルしてきましたが、最終結果ではチャレンジャーから3名がデビューする形となりました。

デビューメンバーについて新しい情報が入り次第、更新していきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次