MENU

稼いでる女芸人2022最新ランキングは?年収人気理由も!



多くのバラエティ番組や情報番組には必ずと言ってよいほど芸人さんが出演されていますが、現在ではYouTubeやInstagramでインフルエンサーとして活躍する方も多くなっていますよね。

その中には女性の芸人さんも多く、多数のレギュラー番組をもつ方も増えています。

ここでは厳しい芸人の世界で活躍される女芸人の年収ランキングとその方の人気の理由について紹介します。

目次



稼いでる女芸人2022最新ランキングは?年収人気理由も!

2022年現在で稼いでいる女芸人さんをランキング形式で紹介します。

*年収は推定であり、公式に発表されたものではありません。

稼いでる女芸人2022・1位 渡辺直美

堂々の1位を飾ったのはアメリカでも活躍するインフルエンサー・渡辺直美さんで、年収は2億円になると言われています。

デビューは2007年で2008年~2014年には笑っていいとも!のいいとも少女隊やレギュラーとして出演。

ビヨンセのモノマネでも知られていますが、アメリカでは芸人としてというよりは”ぽっちゃり体系”と”ファッションセンス”で注目を集めています。

日本人は40代女性の肥満率は3%でアメリカの34.9%と比べると極端に少ないのですが、直美さんのご自身の魅せ方とセンスを武器にしているところが評価されています。

「私はこの体のことをポジティブに伝えてきたつもりだった。あと芸人という仕事もね。ポジティブにいろんなことができるんだぞ、と。『芸人のくせに』とか、『デブのくせに』とかじゃなくて」

プラスサイズのファッションブランド「PUNYUS(プニュズ)」を立ち上げフリーから6Lサイズの服を展開していますが、渡辺さんはいつかアメリカにも出店したいそうです。

そんなぽっちゃり女子や自分のために頑張っている姿を、アメリカの方は尊敬するに値するインフルエンサーと認識しているようです。

YouTubeチャンネンルの「NAOMI CLUB」ではメイクの様子や食事の様子も公開されており、チャンネル登録者数118万人・総再生回数1億2千万回と大人気です。



稼いでる女芸人2022・2位 横澤夏子 

2位の年収1.5億円と言われる横澤夏子さんは2009年から活動を開始したピンの芸人。

「細かすぎて伝わらないモノマネ」「ちょっとイラっとくる女」など身近な人をネタに取り入れるスタイルで、親近感がわく人を題材にしているというところが特徴ですよね。

横澤さんは恋愛に積極的で女芸人では珍しく「彼氏がほしい」「結婚したい」と公言していた一方、仕事にはまじめ、欲しいものは何でも手に入れようと貪欲だそうです。

現在では結婚しお子さんも生まれていますが、念願の吉本の劇場に託児所を設置するなど新しい風を吹き込んでいます。

これまでの活躍と2022年6月現在のレギュラー出演はこちらです。

2016年R-1 グランプリ決勝進出

2018年女芸人№1決定戦THE W準優勝

  • 王様のブランチ
  • ノンストップ!


稼いでる女芸人2022・3位 近藤春菜

3位で年収1億円と言われている近藤春奈さんは2003年~箕輪はるかさんと「ハリセンボン」として活動を開始し、角野卓三さんやステラおばさん(お菓子のクッキー)などの多くの有名人に似ていることをネタにしたことでも有名ですね。

面倒見がよくサバサバして親のような存在感と、女を売りにしなくどんな仕事にも一生懸命取り組む姿勢が評価されています。

2022年6月現在の近藤さんのレギュラー番組は4本、他にも声優など幅広い仕事をこなして活躍しています。

2007年M-1グランプリ 決勝4位

2008年キングオブコント準決勝進出

2009年M-1グランプリ 決勝9位

  • 内村のツボる動画
  • 夢のオーディションバラエティー~Dreamer Z
  • 土曜スタジオパーク
  • 通販だけ生活


稼いでる女芸人2022・4位 3時のヒロイン

4位の3時のヒロインの年収は1億円、2017年から活動を開始したばかりのトリオですが、2019年の女芸人№1決定戦THE Wで優勝されていますよね。

決勝で披露したジュリア・マイケルズの「Uh Huh/ア・ハー」が披露後に話題になりダウンどーど数が前日比132倍、ストリーミング22倍を記録。

2022年6月現在多くの番組にレギュラー出演をしており、お笑い第7世代の女性芸人の枠に収まっていると言ってもいいのではないでしょうか。

2019年の女芸人№1決定戦THE Wで優勝

  • おはスタ
  • トゲアリトゲナシトゲトゲ
  • めざまし8

メンバーの福田さんはゆめっちさん・かなでさんを生かすためのネタを作り、仕事に対して真摯でブレイクする前から寝ないでネタを作るほどストイックな性格と言われています。

かなでさんは養成所時代は横澤夏子以来の逸材と言われていて、見た目がポップな3人はダンスも歌も上手く、番組としても起用しやすく仕事に対して一生懸命なのでオファーが絶えないようです。

稼いでる女芸人2022・5位 大久保佳代子

5位の大久保佳代子さんは年収7700万円、1992年から光浦康子さんと「オアシズ」として活動しましたよね。

その後バラエティ番組「とぶくすり」では光浦さんだけがレギュラーになり、大久保さんはOLに転身しています。

2000年に光浦さんが一人で出ていた『めちゃめちゃイケてるッ!』に「相方で現在OL」の大久保も新レギュラーとして出演

2022月現在大久保さんがレギュラー出演している番組は5本もあり、自ら肉食で男好きであることを告白し正直で好感が持てると特に女性から人気があります。

  • おねうち!!!マスカット
  • ゴゴスマ
  • ノンストップ!
  • TOKIOカケル
  • ヒルナンデス!


稼いでる女芸人2022最新ランキングは?年収人気理由も!まとめ

2022年の稼いでいる女性ランキングをご紹介しましたが、ランキングに入っている人に共通しているのは努力家で飾らない方という印象がありますよね。

結婚されている方は横澤夏子さんだけですが、これからは結婚してもママになっても活躍される女芸人さんも増えるのではないでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる