和合由依(わごうゆい)経歴や動画は?両親や中学についても!

東京パラリンピック開会式で「片翼の小さな飛行機の物語」で物語の主役を務めた和合由依さん、その演技力で大きな感動を呼びました。

和合由依さんはパラリンピックの舞台は初の演技で俳優の経験はなかったというから驚きですよね?!

そんな「わごうゆい」さんのこれまでの活動歴やプロフィールとご家族、どんな中学生活を送られてるかご紹介します!

目次

和合由依(わごうゆい)の経歴は?

現在中学2年生で13歳の和合由依さん、新聞に載っていた「東京パラリンピックのキャストの公募」を見たお母さまに勧められて「良い経験になれば」という気持ちから応募を決意したそうです。

最初は「受かるわけない」と思っていたそうですが、お友達が子役をやって舞台を見に行ったことがあり演技への憧れはあったようです。

しかし東京パラリンピックが延期となり、一年延びた今年の3月に初の顔合わせがあり、そこで主役を務めることを知ったというのですから、オーディションの時の様子がいかに素晴らしく印象的だったかということが分かりますよね。

それまでの由依さんは吹奏楽に熱中していて、家族の反対を押し切り入部したことでほとんどの楽器を演奏してみせたそうです。

その気持ちの強さが今回の開会式で主役を務めるにあたり、生かされているのでしょうね。

和合由依(わごうゆい)の家族(父・母・姉妹)は?

和合由依さんはお父様・お母さま・二人の妹さんがいらっしゃる5人家族です。

お父様は由依さんの開会式での演技を見て、テレビなどでもコメントされていましたよね。

「本当に自分の娘かと疑うくらい、涙で前が見えなかった」
「尊敬しました、自分の娘を」

この言葉は今思い出してもこちらが泣きそうになってしまいますが、一番近くで見ていたご両親の言葉から分かるのは視聴者が想像する以上の努力があったということですよね。

お母さまについては今回の東京パラ関係での画像は見つからなかったのですが、細野晋司という有名な写真家さんのサイトにご家族で撮られた写真が載っていました。

とても綺麗な方でお父様と3人の姿が愛に溢れていて素敵なお写真です。(著作権の関係上こちらに掲載できませんので、リンクからご覧ください)

由依さんの妹さんたちは、閉会式のキャストに選ばれた通知が来た時も一緒に大喜びしたという、とても仲の良い3姉妹のようです。

3人の可愛い姿がネットニュースでも載っていましたよね。

出典:朝日新聞

年齢は不明なのですが、一つ下の妹さんが小学校中学年くらいでしょうか。

仲のよさが滲み出ていて、由依さんはしっかりしたお姉さんなんでしょうね。

和合由依(わごうゆい)の動画

朝日小学生新聞のインタビューに応えている由依さんの動画がありました!

「片翼の小さな飛行機」に対する思いを語る由依さんは、意志が強くしっかりと受け答えをされる姿が印象的です!

和合由依(わごうゆい) はどんな中学生?普段の生活は?

和合由依さんは都内の公立中学に通う中学2年生。

生まれつき左手と下半身に障害があることから普段は電動車椅子を使って生活しています。

学校名は分かりませんでしたが、上でも紹介した吹奏楽では動きづらい左手を使って上手く弾く自分なりの”コツ”を掴んだというのですから、どんなことでもやってのける芯の強さが由依さんにはありますよね。

中学2年生ということもあり、夏休みも宿題があったり勉強も大変な時期だったと思いますが、開会式の練習は1日8時間に及ぶ日もあったそうですが、「楽しめないと頑張ろうと思えない、何かに熱中するのは素晴らしいと思った」由依さんは話しています。

そんな努力を重ね開会式での演技後は「楽しい、また演技してみたい」と感じ、将来は演技の道に進みたいと考えているそうです。

和合由依(わごうゆい)経歴や動画は?両親や中学についても!まとめ

ここでは和合由依さんの経歴や動画、ご家族や普段の生活について紹介してきました。

東京パラリンピック開会式で注目の的になった由依さん、将来の活躍が楽しみですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる