MENU

吉田明世(よしだあきよ)倒れた番組と放送回はいつ?理由は?



元TBSアナウンサーで現在はフリーアナウンサーとして活躍している吉田明世さんですが、過去には生放送の番組で倒れた事がありましたよね。

その番組は「サンデー・ジャポン」でしたが、その放送回やいつだったか、またどうして倒れたのか理由が気になります。

今回は「サンデー・ジャポン」の放送中に吉田明世さんに何があったのか、またどんな理由で倒れてしまったのかについてふり返ります。

目次



元TBSアナウンサー・吉田明世が倒れた番組は?放送回はいつ?

元TBSアナウンサーの吉田明世さんが倒れたのは2017年10月29日のTBS系情報番組「サンデー・ジャポン」放送中でのことでした。

「サンデー・ジャポン」といえば2001年10月7日から毎週日曜日9時54分から放送されている情報・ワイドショー番組で略称は「サンジャポ」で親しまれていますよね。

司会は爆笑問題の二人が務めていますが、吉田さんは2014年10月5日~2017年12月24日まで出演していました。

倒れたのは2017年10月29日の放送回で、吉田明世さんが喋っている時に突然呂律がまわらなくなり、「すいません、ちょっと・・・」といった直後にその場に座り込んでしまいました。

生放送中だったので、皆さん心配していましたし爆笑問題の田中さんは「気持ち悪くなっちゃった?」と声を掛けていました。

番組ではVTRが流れましたが、CM明けには吉田さんは退席されていたんですよね。

吉田さんは、スタジオトーク中に”ちょっと頭がクラクラするな、意識が朦朧としてきたな”と感じたようで、その後段々と目が見えなくなってきたと倒れる寸前の症状を説明していました。

それでもVTRふりだけ読もうと思っていたそうですが、途中まで読んだところで完全に砂嵐みたいになって目が見えなくなってしまったそうです。

そのまま意識を失ってスタジオ裏に退席し、番組に出演していた西川史子先生が診察してくれたという事でした。

倒れた理由については貧血と説明され、吉田さんは人気アナなこともなり多忙により体調不良になったとも言われていました。



フリーアナウンサーの吉田明世が生放送中に倒れた理由は?

吉田明世さんが10月29日の「サンデー・ジャポン」生放送中に倒れた理由は貧血による体調不良だと説明されました。

しかしまた同年12月3日にも「サンデー・ジャポン」放送中に途中退席、その時は妊娠中である事を発表しています。

その時の赤ちゃんは翌年2018年の5月に出産されていることから、最初に倒れた時は妊娠初期だと考えられ、倒れた理由に関係していたのかもしれません。

当時は脳梗塞ではと心配もされてましたが、その後も普通にお仕事をされていたので一安心ですね。



吉田明世の結婚やプロフィールは?

  • 名前:吉田明世(よしだあきよ)
  • 生年月日:1988年4月14日(33歳)
  • 出身地:東京都
  • 血液型:B型
  • 最終学歴:成城大学文芸学部マスコミ学科
  • 所属事務所:アミューズ

2011年4月にTBSに入社し、主にバラエティ番組で活躍していたイメージがある吉田明世さん。

そんな吉田さんは2016年10月27日に大手広告代理店に勤務する5歳年上の一般男性と結婚されています。

2018年5月15日に第一子女児を、2020年12月29日に第二子の男児を出産されていて、2019年からフリーアナウンサーとしても活動しています。



吉田明世(よしだあきよ)倒れた番組と放送回はいつ?理由は?まとめ

吉田明世さんが倒れたのは「サンデー・ジャポン」でしたが、2017年10月29日の放送回で理由は貧血という事でしたが、その年に妊娠を発表しているので、妊娠が関係していたのかもしれませんね。

2019年にTBSを退社しフリーアナウンサーになってますが、プライベートでも二人の子供のママでいらっしゃいます。

現在もテレビ出演も多く活躍されているので、ママアナウンサーとしてこれからも活躍されるでしょうね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる