MENU

羽生結弦の年収と現在の住まいは?現役引退後の事務所はどうなる?



北京オリンピック男子フィギュアスケートフリーで大技・クワッドアクセルに挑戦した羽生結弦選手、演技後のインタビューで「あれが僕のすべて」と話したことで「引退しないで」という声も多く聞かれました。

応援してきたファンにとっては羽生選手の現役引退は淋しい面もあると思いますが、これからどんな活動をするのか、姿を見れる機会があるのかが気になりますよね。

羽生選手が競技生活引退後なにをしたいと話しているか、現在の住まいや今後の生活拠点、年収や所属事務所など羽生選手の今後について調べました。

目次



羽生結弦の年収や現役引退後の事務所は?

羽生結弦選手の年収は2022年最新の情報で7億円、歴代1位と言われています。

その収入源は賞金はもちろん契約料・CMやTVなどへの出演料・グッズ販売・印税やアイスショーの出演料など多岐に渡ります。

羽生選手のCM出演料は5000万円以上、ソチオリンピックで金メダルを獲得してから1億円に跳ね上がったとも言われていて、出演本数を考えると数億になると考えられますよね。

またスポンサー契約でも一社3000万円~5000万円という金額になっていますし、現役を引退するとはいえ、羽生選手ほどの人気と知名度を考えると今後も契約続行も考えられます。

しかし羽生選手といえば、チャリティー活動や寄付を多くされていることでも知られていますよね。

以前練習拠点にしていて被災地でもあった「アイスリンク仙台」に総額3000万円以上の寄付を行っていますし、展覧会等もチャリティーとして開催されていました。

歴代最高額の年収を誇るフィギュアスケート選手であっても、衣装代やレッスン代、遠征費などで経費も多くかかり、年収の3分の1程度しか残らなかったようです。

しかし競技生活引退後もアイスショーやグッズ販売からの収入・スポンサー料・CMやTVへの出演料など収入源は多いと考えられますので、現役時代に負けないほどの収入があると考えられるのではないでしょうか。

これまで羽生結弦選手のマネジメントを行ってきたのは「team Sirius(チームシリウス)」で、7月19日に行われる決意表明の会見もチームシリウスが取り仕切っているようですし、今後も同事務所がマネジメントを行っていくものと思われます。



羽生結弦の現在の住まいと現役引退後の活動拠点!結婚はある?

羽生選手が2021年の全日本選手権前に練習拠点としていたのは地元仙台、しかしメインの練習はカナダのトロントで行っていました。

羽生選手は元フィギュアスケート銀メダリストで、「ミスター・トリプルアクセル」という異名を持つブライアンオーサーさんから指導を受けるためにカナダに渡ったと言われています。

トロントには自宅としているマンションもあるということなので、選手を続けるのであれば引き続きカナダで生活される可能性が高いと思っていましたが、今後は日本を活動拠点にする可能性が高いのではないでしょうか。

カナダではお母さんと一緒に住んでいるのではという噂もありますが、はっきりとしたことは分かりません。

競技生活引退後、新しいことをスタートするのであれば、住み慣れていてファンも多くいる日本でと考えるのが有力だと思われます。

そして、羽生選手の結婚の噂ですが、過去に羽生選手の彼女と噂された人物は多数います。

しかしこれは羽生選手には非常に多くの女性ファンがおり、行動がひとつひとつ注目されてしまうからだと思われ、どの人物との間柄も恋愛と言える信憑性はなく、あくまで噂としか言えないようです。

羽生選手のフィギュアスケートに対する思いからすれば現役中に交際ということは考えにくかったですし、羽生選手はファンの方たちととても大切にされており、選手生活中は交際報道なんて考えられなかったのではないでしょうか。

この事から結婚間近と言える彼女の存在はいないと考え、プロ転向直後に結婚という可能性は低そうです。



羽生結弦の現役引退後のプロスケーターとは?

2022年冬季オリンピック後、引退を噂されていた羽生選手、演技終了後のインタビューでは、

全部出し切ったというのが正直な気持ち。
もうちょっとだったなと思う気持ちももちろんあるが、あれが僕のすべて。
報われない努力だったかもしれないですけど・・・・
でも一生懸命頑張りました。

と引退も考えているのかなという内容でしたが、その後の会見では「また滑ってみたい」と話されていたため、もう一度クワッドアクセル(4A)にチャレンジされるのかなとも感じましたよね。

羽生選手の競技生活引退後の活動で以前から噂されていた一つはコーチ説でしたが、現時点での発表では自らが座長となってアイスショーをしたいという夢があると話されているようです。

羽生選手は過去のインタビューで「フィギュアスケートで1位を目指している人の手助けができたら」と話しており、選手を指導したいと望んでいたことも分かっています。

フィギュアスケートの元金メダリスト・荒川静香さんはプロ転向後現役選手の振り付けを担当されたりもしていますので、羽生選手もアイスショーでは振付師として活躍されるかもしれません。

中国を始め世界的に人気の高い羽生選手ですし、アイスショーや日本だけでなく世界で開催する可能性もありますし、海外からのオファーも多いのではないでしょうか。

決意表明の場で何度も話されていたことが、応援してくれた方への感謝の気持ちと今後に期待してほしいという内容でした。

4回転半ジャンプの挑戦も今後も続けて、みなさんの前で成功させたいと話されていましたし、プロスケーターとしてこれまで以上にファンの方の前で演技する機会は増えるのではないでしょうか。

いつか羽生選手の解説も聞いてみたいですよね。



羽生結弦の年収と現在の住まいは?現役引退後の事務所はどうなる?まとめ

ここではフィギュアスケート界のトップ選手・羽生結弦選手の引退後活動内容・住まい・所属事務所や年収について紹介しました。

北京オリンピック後、羽生選手がどういう道を進まれるのか気になっていましたが、座長となって開催されるアイスショーはぜひ見てみたいですよね。

羽生選手について新しい情報が入り次第、更新していきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる