MENU

silent(サイレント/ドラマ)全話あらすじまとめ!スピッツの曲名も

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】 U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり

10月6日(木)スタートの新ドラマ「silent(サイレント)」は川口春奈さんがフジテレビでの初の連ドラ主演を務め、その相手役をSnow Manの目黒蓮さんが務めるとあって大変話題になっていますね。

このドラマは生方美久さんによるオリジナル脚本で、原作はなくドラマ放送で初めてストーリーが明らかになります。

目黒さんにとって恋愛ドラマの主人公の相手役は初めてとあり、ストーリーが何より気になるという方も多いのではないでしょうか。

ここではドラマ「silent(サイレント)」の全話あらすじ(1話から最終回)まとめとドラマで使用されたスピッツの曲名を紹介します。

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】 U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり
目次

silent(サイレント/ドラマ)全話あらすじ(1話〜最終回)まとめ!

第一話のあらすじ

主人公・青羽紬はCDショップで働く26歳、幼馴染の湊斗と交際中で同棲生活をスタートさせるのを楽しみにしていました。

そんな時、駅のホームで高校時代の恋人・佐倉想を見かけ、思わず名前を呼びます。

しかし声は届かず、気づいてもらうことなく見失ってしまいます。

一方で湊斗も紬の頭の中に想がいることを察し、今想がどこで何をしているか探しはじめるのです。

紬は家のクローゼットの中から箱を取り出し、高校時代に想が全校生徒の前で発表した作文を手にします。

「言葉」

言葉は何のためにあるのか、なぜ生まれ、存在し続けるのか。

なぜこの一つの星に複数の言語が存在するのか。

幼少期の僕は言葉の遅い子で、母はひどく心配したらしい。

僕がこうして「言葉」への考えを…

作文の最後には「想いを紬ぎ」と書かれていることを改めて見た紬は想を見かけた駅へ向かい、高校時代に想と話すようになったきっかけ、想の声が好きだったこと、楽しかった日々を思い出しますが、声を聞くことなく文字で別れを告げられたことも思い出します。

そんな中湊斗はどうしても想が今どうしているかを知りたくて、想の実家を尋ね、妹から想の連絡先と耳が聞こえなくなった事実を知ります。

湊斗は想が聞こえなくなったことに衝撃を受け紬に打ち明けられずにいた時、湊斗との約束へ向かう途中に紬は想と再会するのです。

必死に話しかける紬ですが、想は逃げるように立ち去ろうとします。

紬が想の腕を掴んだ時、想は必死で手話で訴えかけるのです。

『声で話しかけないで。楽しそうに話しかけないで。嬉しそうに笑わないで。
卒業してすぐ病気がわかった。それから少しずつ聞こえにくくなって、3年前ほとんど聞こえなくなった。
なんで電話に出なかったのか、別れたのかわかっただろ?いつか電話もできなくなる。一緒に音楽も聴けない。声も聞けない。そうわかってて一緒にいるなんてつらかったから。
好きだったから。
だから会いたくなかった。嫌われたかった。忘れてほしかった。』

想は泣きながら必死で伝え、

『俺たちもう話せない』

そう行って想は立ち去ってしまいます。

第二話のあらすじ

想は高校卒後、耳が聞こえにくくなったことを思い出していました。

段々聞こえにくくなるし、完全に聞こえなくなることもあると診断された想でしたが、一人大学へと進学します。

徐々に聞こえなくなるのを感じていた想は耳が聞こえなくなって自分だけが辛いなら耐えられても、紬まで苦しめてしまうと考え、地元に戻り紬に打ち明けようとします。

重い空気で話し出す想を見て、紬は人間関係で悩んでいると思い込み、想が思ってもいない方向に話が進んでしまったことで想は耳のことについて話すタイミングを失ってしまいます。

「いつでも電話して、声が聞きたい」という紬に、「声聞きたいよね」と答える想。

紬は「(想と電話をする度に)好きな声だなと思う」と伝えます。

想は自分の名前を呼んでほしいと言い、「想くん」という紬の声を聞いて悲しい表情を浮かべ、二人はその場を後にしました。

時は現在に戻り、紬は湊斗との約束に向かう途中に耳が聞こえなくなった想に再会していました。

現実をまだ受け止められない紬に湊斗から電話が入ります。

紬を迎えに来た湊斗は、泣き出した紬に何も聞かず隣に座っていました。

想は紬と再会した時に紬が落としたイヤホンを返そうと、湊斗から連絡先を聞き、紬に連絡します。

イヤホンだけ返して帰ろうとする想を呼び止め、交わしたのはたわいもない会話でしたが、想の笑顔を見ることができました。

紬は湊斗に想と出会ったことを伝えると、湊斗は想が聞こえなくなった事を知っていたと伝え、紬に手話教室のチラシを差し出します。

紬は手話教室で手話を覚え、想に連絡して話したいことがあると伝えて会う約束をしました。

カフェであった二人は手話で会話をした後、紬は最後に会った公園でのことを謝ります。

「電話したいとか声が好きとか、そんな話ばっかりして」

嬉しかったと伝える想に、紬は別れた時のLINEに書いてあった好きな人はいたのか尋ねると、悲しませなくなかったと想は本当の気持ちを打ち明けました。

「今は、青羽のこと泣かせない優しい人がいるの?」と聞かれた紬は今度会ってよと答え、二人の距離は縮まったように笑顔に溢れていました。

カフェを出てからの帰り道、二人は湊斗と遭遇します。

<第三話へつづく>

silent(サイレント/ドラマ)で流れたスピッツの曲名は?

想は高校時代いつもイヤホンをして音楽を聴いていますよね。

音楽は想と紬を結びつけた大切な役目を果たしているのではないでしょうか。

ここでは、どのシーンでどんな楽曲が流れたのか紹介していきます。

第一話:魔法のコトバ/スピッツ(想から告白された後につけてくれたイヤホンから流れた曲)

第一話:楓/スピッツ(紬がCDショップで聞いていた曲)

silent(サイレント/ドラマ)全話あらすじまとめ!スピッツの曲名も まとめ

ここではドラマ「silent(サイレント)」の全話あらすじまとめと、ドラマ内で使用されているスピッツの曲目について紹介しました。

二話で紬と想の距離が再び近くなったように感じましたが、湊はなぜそうなってしまう可能性を知りながら、なぜ手話教室のちらしを渡したのか気になりますね。

来週の放送も楽しみです。

ご覧いただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次