MENU

三浦りく(璃来)と市橋翔哉のペア解消理由は?りくしょーに何があった?



三浦りく(璃来)さんと市橋翔也さんは、2015年からフィギュアスケートでペアを組んでいましたが、結成から約4年後の2019年に二人は突然ペアを解消してしまいました。

順調そうに見えていた二人が突然ペアを解消した理由は、いったい何だったのでしょうか?

“りくしょー”の相性でスケートファンから愛されていた二人に何があったのか、詳しく調べてみました。

目次



三浦りく(璃来)と市橋翔哉のペア解消理由は?

2019年の7月に突然発表された“りくしょー”ペア解消のニュース。

りくしょーペアの解消に、多くのフィギュアファンからは悲しみの声が挙がりました。

ペア解消にあたり、三浦璃来さんと市橋翔哉さんは、それぞれのSNSアカウントでこのような投稿をしています。

二人とも、「相手への感謝の気持ち・ペアを解消してしまうことへの謝罪・周りの方々への感謝」を述べています。

しかし、詳しい解消理由については、どちらも明言しませんでした。

そして、この発表の時点で三浦璃来さんも市橋翔哉さんも、ペア解消後も競技を続ける意思を綴っています。

このことから、怪我などのやむを得ない原因での解消ではないことが分かりました。

実際に、その後二人は新しいパートナーの方とペアを組んでいますので、恐らく考え方や進んでいきたい方向性の違いがあっての解消だったように思います。



三浦りく(璃来)と市橋翔哉のペア”りくしょー”に何があった?

2019年4月のスポーツニッポンへのインタビューで、二人はこのように答えています。

市橋「今はお互いが思ったことは直接、言えるようになっている」

「自分たちが弱くなってしまうと、これから先、新しいペアの選手がでてこない。どんな時も自分たちができる精一杯をやろうと思って臨んでいる」

三浦「最初は言いたいこと言えず、言われたことだけやっていたけど、今は少し違うなと思ったらすぐに言うようになった」

出典:スポーツニッポン公式サイト

このインタビューに答えたのは、ペア解消が発表されるわずか3か月前のことです。

言いたいことがお互い言えるようになり、フィギュアスケートのペア競技を引っ張っていきたい、というような熱い意気込みを語っていますよね。

順調にペアとして絆を深めていたように見えていたので、なんでも話せるような関係になったことで3か月の間に二人の中で溝ができてしまったのかもしれません。



三浦りく(璃来)と市橋翔哉のペア2人のプロフィールと成績

二人のプロフィールと、“りくしょー”ペア時代の成績を紹介します。

【プロフィール】

  • 名前:三浦璃来(みうらりく)
  • 生年月日:2001年12月17日
  • 出身地:兵庫県
  • 身長:145㎝
https://twitter.com/Shoya_skate1105/status/1476090689704587267
  • 名前:市橋翔哉(いちはししょうや)
  • 生年月日:1997年11月5日
  • 出身地:広島県
  • 身長:175㎝

三浦選手は5歳の頃から、市橋選手は小学校3年生の頃からスケートを始め、最初はシングル選手として活躍していた二人。

2015年にペア選手に転向し“りくしょー”が結成されました。

【成績】

2015年

  • 全日本選手権ジュニアクラス優勝

2016年

  • ババリアンオープン 7位
  • 全日本選手権ジュニアクラス優勝

2017年

  • メンタートルン杯優勝
  • 世界ジュニア選手権 総合13位

2018年

  • 世界ジュニア選手権 総合10位


三浦りく(璃来)と市橋翔哉のペア解消理由は?りくしょーに何があった?まとめ

ここでは、三浦りく(璃来)と市橋翔哉のペア解消理由は?りくしょーに何があった?について紹介してきました。

人気のペア解消に当時はフィギュアスケート界がザワつきましたが、はっきりとした解消理由は分かりませんでした。

しかし、お互いに感謝の気持ちを持って解消し、その後別の方とそれぞれペアを組んで今でも活躍している三浦選手と市橋選手。

現在は別の方とペアを組んで競技に参加している二人ですが、りくしょーとして活動していた時があってこそ今の2人がいるとも考えられますよね!

今後の活躍にも注目していきたいです!

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる