MENU

[となりのトトロ]引っ越した理由は?母の名前年齢や病名、退院した?



スタジオジブリの[となりのトトロ]はサツキとメイの姉妹が父に連れられて、自然豊な田舎のお化け屋敷のような家に引っ越してきた所から物語が始まりますよね。

子供たちにとってはとても楽しそうな新居ですが、3人が引っ越してきた理由はなんだったのでしょうか。

また劇中はサツキとメイの母親は体が悪く入院していて、話の終わりのほうで風邪をこじらせて入院が長引くと言っていましたが、その後母親が退院できたのかも気になります。

ここでは[となりのトトロ]の引っ越した理由と母の名前や年齢、病名や退院できたについて紹介していきます。

目次



[となりのトトロ]草壁一家が引っ越した理由は?

[となりのトトロ]で草壁一家が田舎に引っ越してくるところからストーリーがはじまりますが、なぜ一家は引っ越してきたのかと疑問に思った方も多いのではないでしょうか。

サツキとメイのお母さんは入院していて、もうすぐ退院するお母さんを空気の綺麗な家に迎え入れる為に、3人は田舎に引っ越してきました。

つまりお母さんの療養の為に、お父さんの職場からも離れた田舎に住むことを決意したのです。

草壁一家が引っ越してきた場所の地名に【松郷】という場所がでてくるのですが、実は実在する場所なんですよね。

【松郷】という場所は埼玉県にあり、埼玉県所沢市松郷という場所です。

駅でいうと武蔵野線の東所沢あたりだそうなのですが[となりのトトロ]は昭和30年代のお話で、現在の所沢市松郷は都市開発が進んでいて物語のような田舎の風景は存在しません。

時代が違い風景も異なりますが、[となりのトトロ]の聖地と言える場所なんでしょうね。



[となりのトトロ]サツキとメイの母の名前や年齢、病名は?

サツキとメイのお母さんは草壁靖子(くさかべ やすこ)さんといいます。

残念ながら年齢は明らかにされていませんが、お父さんの年齢が32歳ということで、お母さんも30歳前後だと考えられているようです。

劇中ではお母さんは体が弱く入院しているとのことなのですが、病名は明らかにされていません。

一切病名には触れられていないのですが、実はお母さんの病気は結核なのではという噂がネット上で多く見られました。

それはお母さんが入院していた「七国山病院」は結核患者を受け入れていた実在する「新山手病院」がモデルになっているためだそうです。

実在する病院があり、当時昭和30年代に結核が流行していた結核である可能性は十分に考えられますね。



[となりのトトロ]サツキとメイの母は退院した?

劇中ではお母さんは最初から最後まで病院に入院していましたが、無事退院する事はできたのでしょうか。

これについてはエンドロールでお母さんが無事退院していた事が明らかにされていますね。

病院からタクシーで帰ってきたお母さんをサツキとメイが迎えに行っているシーンや、一緒にお風呂に入っているシーンが描かれていて退院して家族4人でまた暮らし初めたようです。

お母さんも病院に入る時よりすっかり元気そうですし、まだ幼いサツキとメイの元に無事お母さんが帰ってきてくれた様子が見れて嬉しいですよね。



[となりのトトロ]引っ越した理由は?母の名前年齢や病名、退院した?まとめ

公開から長い年月たっても沢山の人に愛されている[となりのトトロ]ですが、劇中では語られることの少ないお母さんの事を調べてみました。

最初から体調が悪く入院していたお母さんは、最後は元気になり退院していたようです。

劇中では退院している所は描かれていませんが、エンディングで一緒に家族と田舎で暮らしていた姿が映っていて宮崎駿監督らしい素敵な演出ですね。

スタジオジブリの作品の中でも特に小さなお子さんにも人気の作品であり、何回見ても飽きないことも魅力ですよね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる